© コナモン資料室 All rights reserved.

カテゴリー:コナモン日記archive(編集中)

Kanseiのイタリアン@西天満 P greco

感性と歓声 まさに関西ならではのイタリアンをいただきました。  オリーブの木に隠れんぼする小枝。現れたオレンジ色に見惚れます。 椎茸と…

2189/ うまい屋

東京からのお客さんとうまい屋さんへ。 かなりしっかりしたランチのあとでしたが、いつもの味に嬉しくなります。 山本益博さんが、この屋号はだ…

2188/ やまちゃん@あべのorお台場

いまをときめくやまちゃんの代表、福田さん。 彼が、店にはいって調理するのを見たのは、初めてに近い、ほど、スタッフを信じてまかせきってる人で…

2187/ 酢重

東京丸の内、丸ビルには、気の利いたお店がはいっています。 そのひとつ、酢重さん。長野の味噌屋さんのお店らしいですが、お豆の使い方がすご…

2186/ 第2回 岐阜県粉もん創作グランプリ

岐阜駅のなかにある、岐阜調理専門学校での、中日新聞主催のこのコンテストも2回目となります。 昨年のグランプリは、大垣桜高校の「肉玉」で…

2185/ 飛騨牛ぶっかけ

岐阜県粉もん創作グランプリの会場のそばで、審査員の先生方と食べたのは、 飛騨牛のぶっかけ。 このあたりは、味噌煮込みやきしめん文化圏…

2184/ 夜の紅葉狩り@土岐市 曽木公園

岐阜の山々は、温度差もしっかりあるので、紅葉がすすんでいます。 前川さんの案内で、曽木公園を鑑賞。ライトアップで、真っ赤な紅葉が闇に浮き上…

2183/ 熊汁、麦とろ@陶町栁家

佐藤夫妻と、瑞浪の前川さんと、炉を囲んで、栁家のしめにはいります。 今度は熊汁。 味わいのある女将がついでくださるので、うまさもひと…

2182/ 猪、鹿、ちょう@陶町栁家

ジビエの季節、シベリアから野鳥もたくさんわたってくる季節、岐阜にはなんともすごいお店があります。 実は撮影禁止食材なので、こちらには、…

2181/ うながっぱ誕生の地

多治見に100年続く、両藤舎。 中日新聞販売所として、昔は朝の牛乳も扱っていたという老舗、いまは4代目佐藤円一郎くんが社長として仕切っていま…

ページ上部へ戻る