© コナモン資料室 All rights reserved.

カテゴリー:煎餅 senbei

変わらぬおいしさ炭酸煎餅

日本の粉もん文化・・小麦粉七変化

2014年に責任編集した冊子を、改めて見直しています。 …

寒い季節こそ「麺益力」UP!

本場中国では、麺=コナモン全般を意味します。 奈良時代、麺という言葉が渡って来た時に、おそらく誤訳されてのでは、と食文化学の権威、石毛…

ミクスチュアな沖縄の食文化

今回は沖縄在住、同級生のムロ先生の案内で、ディープな沖縄本島の日常フードをリサーチすることができました。 歴…

むーちー、菓子、ブレッド類

揚げ、蒸し、ゆで・・小麦粉、米粉、芋粉、片栗粉、コーン…

北京の北京ダック

北京ダックは、香港、台北、マレーシアなど、アジアの各地で食べてきましたが 巻餅や切り方、食べ方もお店ごとにち…

ホテルの食事

北京国際美食発展大会では、ホテルに缶詰め状態で、街のリサーチはほとんどできませんでしたが、ホテルのレストランでも、手打…

たこせん@朝日新聞

たこせん再注目! 朝日新聞の記事で、「たこせん」がテーマになり、 以下のサイトにアップされています。 朝日新聞 8月28日付「勝手…

ババヘラアイス@湯沢

おもしろい駅名を過ぎながら、早朝湯沢に向かいます。 寺谷一紀さんのラジオ関西の番組に電話出演をたのまれたので、 …

たこせんNEWS

朝日新聞に掲載された、たこせんについてのインタビューがデジタル配信されました! https://digital.asahi.com/art…

20195/16

NHKのえびせん

このごろNHKさんとの打合せが多いんですが、今日はNHKオリジナルおみやげをもらいました。 可食印刷で,チーズサンドのえびせんです。 …

地元の駄菓子屋さん

合志(こうし)市の学校のそばのちょぼ焼き屋さんのすぐそばに、駄菓子屋さんを発見。 定年後のご夫婦が10年ほど前から開いているそうですが、子…

熊本名物ちょぼ焼き

今回の一番の目的、ちょぼ焼き専門店へ。 大きく生地をひいて、けずりぶし、たくあん、天かす・・が基本とのこと。 福田さんという方が、昔はじ…

内子座の蟹

内子座での茂山狂言、「蟹山伏」の蟹の精役と、「口真似」の大名役を演じさせていただきました。 花道からの登場は、落ちないか不安でしたが、非常…

士林夜市

台湾といえば夜市、なかでも常設で屋根付き夜市は士林ぐらいではないでしょうか。 エビ釣りや、風船割りなど、独特の娯楽があるかと思えば、いろん…

グルメ座禅@初秋の嵐山

何年ぶりの嵐山でしょう。 近いとなかなか出かけないものですね。 天龍寺の塔頭で、座禅にうかがいました。 そのあと、外国人だらけの竹林散…

コピルアク@水天宮前

コーヒー通の方に、インドネシアのコピルアクを差し上げたら、その方の師匠のお店で一緒に飲ませて下さいました。 ヤマネコ…

Hoppar@JL. Melawai

  朝、通りを歩いていたら、ホッパーの屋台に出会いました。 米粉の生地に、パンダンリーフの香りと色付けで、一枚一枚丁寧に焼いていま…

サゴクッキー

まだまだストリートフードが魅力的なジャカルタですが、そのディープなエリアにうっかりはいってしまいました。 やせた猫、トサカも…

マルタバ@Harum Manis

  ハードな1日が終わり、〆はジャカルタの人気レストランへ。 マルタバは、東南アジア各地にあるようで、マレーシアのインド系レ…

ページ上部へ戻る