© コナモン資料室 All rights reserved.

南部煎餅の食文化②

2006年 Bー1グランプリ開催の八戸、じつはこれが記念すべき第一回になり、国民的町おこしイベントになりましたが、私は特別審査員として全国大会すべてを試食させてもらったという楽しい経験をさせていただきました。

その思い出の地に久しぶりにおじゃまして、煎餅カフェ、てんぽ煎餅の上舘せんべい店に朝5時半に訪問。

この時間から常連さんが来て、塩と粉、水だけで練った生地を焼いた、焼きたてのてんぽ煎餅をコーヒーのお供にするんです。

店主はしっかり覚えてくだっさってて、昨年文化功労者になられた石毛先生の色紙に

私たちの写真もはってくださってて、お客さんらに「この人だよ」と紹介してくださいます。

平成の初め、ダイアナ妃が来場されるので、三越本店に馬を連れていき南部藩文化を展示したという方からもお話を伺い、文化度の高い愉快な煎餅カフェタイム!

せんべいを語るなら、この文化を体験するべき、そんな素晴らしい地元愛とおもしろ人と食文化の楽園です。#八戸グルメ #麺益力 #煎餅

 

関連記事

名店の大阪おじやうどん@マツバヤ

   大阪だしうどん、象徴的なきつねを産んだマツバヤさん。いまや世界も見つめる至福の原点の一杯。開店と同時にお…

つきぢ田村三代目のお別れ会

築地たむら3代目、田村隆さんのお別れ会が、親友脇屋シェフのお店で行われました。演出に徹底的にこだわるタレント田村さんのエ…

地域の食資源としてのコナモンの魅力

追手門学院大学で、フードツーリズム学会主催の講演会にお招きいただきました。鉄板会議のお話や地域の食資源としてのコナモンの魅力…

中華の楽しみ@筑紫楼

お気に入りの中華で北京ダックやフカヒレを頂きました。ナイフとフォークの海老マヨもお初です。お味と居心地の良さを兼ね…

鶏そば@円山町

丸山町のオイスターバーの隣、tonari さんへ。鶏チャーシューの火入れ、麺とスープのからみ具合い、接客、メニュー展開も含め、非常にバラ…

ページ上部へ戻る