© コナモン資料室 All rights reserved.

ミクスチュアな沖縄の食文化

今回は沖縄在住、同級生のムロ先生の案内で、ディープな沖縄本島の日常フードをリサーチすることができました。

歴史に翻弄された言語、食文化、気候風土・・アジアであり、ニッポンであり、アメリカも不可欠の沖縄ならでのミックスの多様性に驚きます。

万葉集のことばがいまも残る町なんて、日本ではほとんどないでしょうが、このエリアに現役っていうのも魅力でした。

次回は女子部もいっしょに、訪れることができればと。

沖縄のみなさん、にふぇーでーびる! くわっちーさびら! うにげーさびら!

関連記事

谷川蕎麦@き田たけうどん

木田さんが谷川さんといっしょに機械打ちで機械切りの十割蕎麦を始められたので、おじゃましました。この日はいろんな方がたくさんおみえで、濃い濃い…

香ばしスープの極上ちゃんぽん

長崎でも老舗から、若手の名店まで、ちゃんぽんめぐりをして、ずいぶん知ってるつもりになっていましたが 長崎に本店を…

弥太郎うどん、資さんうどん

北九州の肉うどん文化、といっても、牛薄切り肉、牛ほほ肉、使う部位も味わいもお店によりますが そこにかしわが加わり…

一口餃子の麺益力

私の食体験からいいますと、西へ行くほど、餃子の大きさは小さくなっていくんですが、 この2種類は最小からワン…

春うどんプロジェクトと麺益力ポスター

盛り上げていただき、ありがとうございます。 き田たけうどん、谷川蕎麦さん  鈴鹿市 大名四国さん 北九州KOTAEJIMANさん…

ページ上部へ戻る