© コナモン資料室 All rights reserved.

196/ 洛二神/和風カレーつけ麺

洛二神洛二神洛二神
洛二神洛二神

華麗なる1週間のラーメンレポート担当のお店を、きょうはできれば3軒回ろうと思います。

まず1軒目は、洛二神さん。なんとあの、たこ焼きのうまい屋さんの隣りというのに、隣りだけになんとなく、行けてなかったお店でした。うまい屋さんは、ただいま新築中。向かいの散髪屋のご主人が、出てきてくださいました。私が大学生の頃から、見てたよ~といわれて、ちょっとテレます。

さて、洛二神さんの華麗なる特別メニューは、昼限定なので、11時半ちょうどにおじゃまするとすでに先客が2組。あわてて、和風カレーつけ麺を頼みました。

トレードマーク、モダン蛸唐草文様のお鉢に、こんもりと半透明のつややかな、18番の手打ちちぢれ麺。チャーシュー&ネギのアツアツおだしからは、魚系ならではの鰹の香りと、カレーの香り。ダブルスープならぬ、ダブルアロマに、ほろっとなりそうです。

まろやかな辛さ、うどん屋さんのカレーの懐かしさと、タンドールの焼きたてナンでも合いそうな今風のスパイス感。スープのとろみはほとんどありませんが、太めの縮れによくからみます。驚いたのは、麺にのってる海苔の風味が、カレーにマッチすることでした。

せっかくなので、定番の和風中華も。
極細麺の魚系を食べて、和風カレーを食べて、この繰り返しがまたいけました。
ご主人も気合はいってましたよ。

長年、気になってた屋号の由来も判明。知りたい方は、office@konamon.com まで。なんでやねん!

 

関連記事

京都フレンチシノワの醍醐味

注目の京都フレンチ、モトイさんへ。大正期のお屋敷を改装した素敵な空間で、ヌーヴェルフレンチシノワ…

春巻定食

鉄板会議の懇親会の打ち合わせで、大阪の老舗中華、大成閣さんへ。丸かぶりを思わせるような大きな春巻き定食をいただきました。具材たっぷ…

島本ジビエ

ジビエの季節到来、で島本ジビエさんへ。猪の胃のサラダ、鹿肉の煮込み、アナグマと採れたてポルチーニのスープなど、自家製パンで最後ま…

土鍋とおだし、むかごの季節

先日の祇園佐々木さんの25周年パーティ、佐々木さんならではの趣向が最強でした。 むかご収穫ができ…

和歌山県古座川町の山と川の恵み

美しい和歌山県古座川町へおじゃましました! 鹿、猪、アナグマ、鮎、鰻、アマゴ、ズガニ、…

ページ上部へ戻る