© コナモン資料室 All rights reserved.

2181/ うながっぱ誕生の地

多治見に100年続く、両藤舎。

中日新聞販売所として、昔は朝の牛乳も扱っていたという老舗、いまは4代目佐藤円一郎くんが社長として仕切っています。

由緒ある本家の玄関に、織部のうながっぱくんを発見。

やなせたかし作のうながっぱくんだけに、あの強烈な配色もステキですが、織部の落ち着いたものなので、

こういったおごそかな空間でも違和感ありません。

 

101113_1554~01.jpg

先ほどの、パンやさんでは、ゆながっパンも忠実に再現されていましたが、

多治見の今後の展開、すっごく楽しみです!

101113_1554~01.jpg

関連記事

まとばさん@府中

しまなみ海道を再び戻って、今度は広島県府中市へ。府中独特のミンチがデフォルトの肉玉そば、肉玉うどん、イカ入り、エビ…

鉄板会議2022エリア会議@徳島、愛媛、広島

おかげさまで、鉄板会議2022 徳島、愛媛、広島のエリア会議が終了しました! お好み焼文化の濃いエリアだけに濃…

三津浜焼き@みよし

愛媛県松山市の三津浜焼き! 老舗の一つ「みよし」さんへ。この道20年のベテラン店員さんが見事に焼き上げてくださいます。うどん…

〆に、一人一枚絶品素焼き!@いとさん

鉄板会議2022、愛媛エリア会議のあと、三津浜のカラオケもある居酒屋さんへお連れ頂きました。ぴちぴちのお刺身や亀の…

よせうそ焼@しまだお好焼

創業44年というお好み焼屋さん。うどん、そば入りのうそ焼が名物です!ミックス=よせ、なので「よせうそ焼」を…

ページ上部へ戻る