© コナモン資料室 All rights reserved.

2181/ うながっぱ誕生の地

多治見に100年続く、両藤舎。

中日新聞販売所として、昔は朝の牛乳も扱っていたという老舗、いまは4代目佐藤円一郎くんが社長として仕切っています。

由緒ある本家の玄関に、織部のうながっぱくんを発見。

やなせたかし作のうながっぱくんだけに、あの強烈な配色もステキですが、織部の落ち着いたものなので、

こういったおごそかな空間でも違和感ありません。

 

101113_1554~01.jpg

先ほどの、パンやさんでは、ゆながっパンも忠実に再現されていましたが、

多治見の今後の展開、すっごく楽しみです!

101113_1554~01.jpg

関連記事

大阪のおうどん文化@NHKニュースほっと関西

おかげさまで、2週続けてええやんで取り上げて頂きました。 大阪うどんについて、まずは大阪人に知ってもらいたいです!! https://w…

お取り寄せうどん@よーいドン

昨日オンエアされました。 うどんのご紹介のあと、白ハト永尾さんが登場、ご縁を感じます!…

尾道焼と焼くそば

尾道焼を大阪で初めて20年。 70年続く、ばあちゃん~おかんの味を受け継いだ店主の鉄板技、さすがです!…

コナモンちゃん白熊@あいぱく

可愛くて、おいしくて、爽やかで、みんなが大好き! すべての要素を満たす、あいぱく開催、アイスマン福留さんには、当協会もご指導いただいてます…

大阪のコナモン文化、大阪うどんの復権

おかげさまで、これからコナモンも含めて、大阪の食文化の展開が楽しみになってきました!…

ページ上部へ戻る