© コナモン資料室 All rights reserved.

Kanseiのイタリアン@西天満 P greco

感性と歓声 まさに関西ならではのイタリアンをいただきました。  オリーブの木に隠れんぼする小枝。現れたオレンジ色に見惚れます。

椎茸とフォアグラムースで、息を整えて白子のフリット、バーガースタイル、おろしトリュフ。

 穴子のカルパッチョは、初めての食感とシークワーサーの香りで焦りますよ。新オリーブの搾りたての、青い香りと精の強さ。

 甘鯛の皮サクサクと下仁田葱 柚子ソース、

 雉の串焼きのレア&スモークに感謝し。

アオリ烏賊に隠れて焼きリゾット ボッタルガを楽しみながら蝦夷鹿と毛ガニカルボナーラが華やかに〆てくれました。

 水出し台湾茶でお口を整えて いよいよデザートは、

梨と文旦を使ったレモングラス風味の未体験スペシャル、エレガントで優しくて、美しくも愛らしいものでした。

 熟柿ジュレのチョココーティングまで、あっという間の3時間。

両親と出かけたんですが、二人とも最高に喜んで満喫してくれました。

  • 福本シェフと奥様の心のこもったおもてなし、ご馳走様でした。

関連記事

たこ焼酒場 しん家(涙の道頓堀焼きそば)

【2020年3月26日再訪】 ■涙の道頓堀焼きそば:950円 完成時にスタッフが、嬉し泣きをしたのが由来という「涙の道頓堀焼きそば」はイ…

粉もん@料理通信

  粉物特集です。世界のコナモンレシピが紹介されて充実の一冊!…

ケール尽くし

      トキタ種苗の皆さんと、大宮のイタリアンにおじゃましました。 ケールのチップス、ケールパウダーをつかった3種のフ…

ケールの洋食焼@千陽

  2019年からスタートしてもらった、ケールの洋食焼。 千陽さんの定番になりつつあります。 鮮やかな緑は、ケールなら…

コナコナ祭2020

    コロナの影響も考慮しながら、今年も コナコナ祭2020の準備をすすめています。 みなさま、よろしくお願いいたします。 &nb…

ページ上部へ戻る