© コナモン資料室 All rights reserved.

Kanseiのイタリアン@西天満 P greco

感性と歓声 まさに関西ならではのイタリアンをいただきました。  オリーブの木に隠れんぼする小枝。現れたオレンジ色に見惚れます。

椎茸とフォアグラムースで、息を整えて白子のフリット、バーガースタイル、おろしトリュフ。

 穴子のカルパッチョは、初めての食感とシークワーサーの香りで焦りますよ。新オリーブの搾りたての、青い香りと精の強さ。

 甘鯛の皮サクサクと下仁田葱 柚子ソース、

 雉の串焼きのレア&スモークに感謝し。

アオリ烏賊に隠れて焼きリゾット ボッタルガを楽しみながら蝦夷鹿と毛ガニカルボナーラが華やかに〆てくれました。

 水出し台湾茶でお口を整えて いよいよデザートは、

梨と文旦を使ったレモングラス風味の未体験スペシャル、エレガントで優しくて、美しくも愛らしいものでした。

 熟柿ジュレのチョココーティングまで、あっという間の3時間。

両親と出かけたんですが、二人とも最高に喜んで満喫してくれました。

  • 福本シェフと奥様の心のこもったおもてなし、ご馳走様でした。

関連記事

ミクスチュアな沖縄の食文化

今回は沖縄在住、同級生のムロ先生の案内で、ディープな沖縄本島の日常フードをリサーチすることができました。 歴…

むーちー、菓子、ブレッド類

揚げ、蒸し、ゆで・・小麦粉、米粉、芋粉、片栗粉、コーン…

日常のてんぷら

てんぷら王国、沖縄、アゲモン大好きな皆さんなので、菓子類、パンも、か…

沖縄そば

今回は、さまざまな沖縄そばを体感できました。 本当に深い!それにおいしい!…

高田勝さんと今帰仁アグー

    今帰仁アグーを支える高田勝さんの農場では、琉球古地鶏や口之島牛など、在来の家畜たちがマングースやハブのリスクとも…

ページ上部へ戻る