© コナモン資料室 All rights reserved.

カテゴリー:粒もん grain

庄内の食の豊かさ@うなぎ若林

江頭先生おすすめの若林さんでは、あつみかぶら、庄内もずく、もってのほか、15種のお刺身、ハタハタの湯あげ、バイの…

笹巻きの食文化@山形大学農学部

山形大学農学部の江頭先生の研究室におじゃまさせて頂きました。新潟で気になってた笹巻きがこちらにたくさん寄せられていて、素晴らしいサンプルに溢…

20222/28

明石の鮨、蛸文化

明石の鮨屋さんでは、蛸も生、ゆで、吸盤と3種盛り。 穴子も焼と蒸し、どっちもおいしくて、おかわりです!…

ボデガスガパ@恵比寿

スペインのバルにはなかなか行けそうにもありませんが、 その気分を味わえる素敵なお店を発見しました!!…

創業明治30年の鰻@多治見

岐阜支部長のおひざもと、多治見へ。 炭焼き鰻の老舗におじゃましました。 四代目店主のこれからの展望をききながら、多…

近江の食材@ひさご寿し

    米寿と卒寿の両親との、2年ぶりの食事。元気な足取りを生で見られて嬉しくなります。 びわます、ギギ団子の赤だ…

若槻さんとの出会い

先日偶然であったお店のご紹介です。 一品一品の熱意が見事な仕掛けと仕上がりで、22品ほどとんでもなく堪能しました。 〆の玉ならぬ、玉サン…

子どもに伝える食@新宿伊勢丹

先週、伊勢丹新宿店では、子どもに伝えたい食をテーマに、催事が開催されました。仲良しの揚匠しげ盛さんも、塩麹のチューリ…

鮨、天ぷら、麺類!という食文化

食学会でお世話になっている高野さんのお鮨を食べに出かけました。大谷石や、アニメ柄の九谷焼に喜んでいたら、額にはてんぷら近藤さんからプレゼント…

今年も多幸からお雑煮うどんまで

うどん棒さんのお雑煮うどん(期間限定)は、あん餅がはいります。 香川では、お雑煮にあんもち、という風習がありましたが、明治時代から …

江戸前鮨の締めに蕨餅

 おかげさまで、今年もてんぷら近藤さんのビルに何度も通うことになりました。 打合せの時間つぶしのために、近藤さんの下にはいっている鮨屋さん…

秋田ローカルガストロノミー

先月行われた東北の大学生主催のセミナーは、ローカルガストロノミーを考えなおすいい機会になりました。また、3日目の和田教授の匂いの心理学につい…

まぐろ饅発見!

魚屋さんの総菜店、というんでしょうか、こういうのがこれから喜ばれるのかもしれません。 なかでも、マグロのミルフィーユ…

脇役に徹した澳オリーブオイル

    全日本食学会のオリーブオイルのセミナーがありました。 小豆島生まれのオリーブオイルは、ミッションという種類で、ピリリと…

最愛のビーガンフレンチ

30歳代の若手シェフの活躍がめざましいこのごろ、 こちらのお店も、フレンチの井口シェフなら…

お持ち帰り、お取り寄せ

 …

もち麦ジェラート

IMG_7201 浅草6区のまるごとニッポンでは、愛媛内子町の人気ジェラートが。 もち麦ジェラートは、味わい、食感ともに冬ジ…

北京の江戸前寿司

北京国際美食発展大会でスピーカーをされてた江戸前寿司さんのお店におじゃましました。 店員さんの教育は、日本でもなかなかないほ…

北京のアツアツ肉団子弁当

昼食のお弁当は、スタッフさんとも同じの肉団子弁当でした。 それがとんでもなくアツアツで、見た目は普通なんですが、 辛すぎず…

ぶどうの季節

ぶどうの季節 ですね。 大粒の見事な4種が届きました。 小学生の時に、巨峰が出てきて ピオーネやマスカットに大喜びしてた時代から…

ページ上部へ戻る