© コナモン資料室 All rights reserved.

鮨、天ぷら、麺類!という食文化

食学会でお世話になっている高野さんのお鮨を食べに出かけました。大谷石や、アニメ柄の九谷焼に喜んでいたら、額にはてんぷら近藤さんからプレゼントされたという見事な暖簾が!!家宝ですよね。

高野さんは、一見職人風ではないですが、仕事はきちんと、昔ながら江戸前の仕事が今風にアレンジされていて、塩漬けのガリや、切り方違いで味わいが変わるのも感激、

春の海をながめながら本当に充実のひと時でした。

夜は〆に、麺をだされるとか、ぜひ次回は!と思うのでした。

関連記事

ランチ&ハムカツサンド

初めて降り立つ駅はなんだかワクワク。ちこさんに振られたので、駅前のパン屋さんで面白いのを発見しました。ランチですが、リンゴ入りの甘い系、ネー…

関西風モダン焼もあるお店

広島から西へ、在来線でのリサーチスタートです。 一軒目のちこさん。残念ながら営業されてなくて、次回は必ず! こちらは、…

甲賀流のたこ焼、揚げ匠しげ盛の唐揚、今井のきつね

広島そごうの催事におじゃましました。甲賀流さんは知っていたのですが、揚げ匠しげ盛さん、今井さんまで。全部いただかないといけません! 甲賀流…

Kajisanのお好み焼&OKOATA

関西風まぜ焼もある広島の老舗におじゃましました。昨年で55年、30年前からメニューも値段も変えてないけんね・・と昭和16年生まれの女将さんは…

名店の女将@広島

私の知る限り、2021年2月末時点でもっともご高齢のお好み焼店の女将さん。広島には超ベテランの女将さんが多いのですが、三々賀さんは昨年閉業さ…

ページ上部へ戻る