© コナモン資料室 All rights reserved.

若槻さんとの出会い

先日偶然であったお店のご紹介です。

一品一品の熱意が見事な仕掛けと仕上がりで、22品ほどとんでもなく堪能しました。

〆の玉ならぬ、玉サンドスタート、宍道湖のしじみ汁、コチ、アジ、紫ウニ、バフンウニ、コハダの親子、車海老、燻し藁焼き鰹、フォアグラ最中、水茄子、トロズケ、赤身づけ、焼きのどぐろのくずし、北海道の山山葵のトロたく、千住ネギ主役のねぎとろ、マスノスケ、アサリの茶碗蒸し、鯛もなかのキーウイ自家製アイス、15分低温調理の煮はま、親方のキャラまで感謝のひとときでした!

関連記事

名店の大阪おじやうどん@マツバヤ

   大阪だしうどん、象徴的なきつねを産んだマツバヤさん。いまや世界も見つめる至福の原点の一杯。開店と同時にお…

つきぢ田村三代目のお別れ会

築地たむら3代目、田村隆さんのお別れ会が、親友脇屋シェフのお店で行われました。演出に徹底的にこだわるタレント田村さんのエ…

地域の食資源としてのコナモンの魅力

追手門学院大学で、フードツーリズム学会主催の講演会にお招きいただきました。鉄板会議のお話や地域の食資源としてのコナモンの魅力…

中華の楽しみ@筑紫楼

お気に入りの中華で北京ダックやフカヒレを頂きました。ナイフとフォークの海老マヨもお初です。お味と居心地の良さを兼ね…

鶏そば@円山町

丸山町のオイスターバーの隣、tonari さんへ。鶏チャーシューの火入れ、麺とスープのからみ具合い、接客、メニュー展開も含め、非常にバラ…

ページ上部へ戻る