© コナモン資料室 All rights reserved.

近江の食材@ひさご寿し

   

米寿と卒寿の両親との、2年ぶりの食事。元気な足取りを生で見られて嬉しくなります。

びわます、ギギ団子の赤だし、鮎の塩焼き、稚鮎の天ぷら・・近江の食材を、川西さんが次々出してくださいます。

滋賀の食文化に真剣に取り組むタイミングかもしれません。

 

関連記事

名店の大阪おじやうどん@マツバヤ

   大阪だしうどん、象徴的なきつねを産んだマツバヤさん。いまや世界も見つめる至福の原点の一杯。開店と同時にお…

つきぢ田村三代目のお別れ会

築地たむら3代目、田村隆さんのお別れ会が、親友脇屋シェフのお店で行われました。演出に徹底的にこだわるタレント田村さんのエ…

地域の食資源としてのコナモンの魅力

追手門学院大学で、フードツーリズム学会主催の講演会にお招きいただきました。鉄板会議のお話や地域の食資源としてのコナモンの魅力…

中華の楽しみ@筑紫楼

お気に入りの中華で北京ダックやフカヒレを頂きました。ナイフとフォークの海老マヨもお初です。お味と居心地の良さを兼ね…

鶏そば@円山町

丸山町のオイスターバーの隣、tonari さんへ。鶏チャーシューの火入れ、麺とスープのからみ具合い、接客、メニュー展開も含め、非常にバラ…

ページ上部へ戻る