© コナモン資料室 All rights reserved.

761/ 奥久慈そば粉の、けんちんざる

意外と知られていないですが、常陸の蕎麦は知る人ぞ知る銘柄蕎麦。そのそば粉で打ったつけけんちんやけんちんそばが水戸界隈ではポピュラーなメニューなのです。

けんちんとは、野菜たっぷりのお汁もので、アツアツの濃い味のおだしにつけるのが、つけけんちん、始めからはいってるのが、けんちんそば、けんちんうどんになります。

こちら天神さんの蕎麦は奥久慈のそば粉をつかったもので、割り箸みたいなしっかり角のある太さ、お蕎麦の概念を塗り替えられますよね。

けんちんの大根もそばに負けないおでんみたいなダイナミックな大きさ。それがまた柔らかくて、野菜そのものの甘みがたまりません。故郷の香りプンプンのおだしに、豪快なお蕎麦を浸していただきました。

関連記事

麺益力発表会にロシアン佐藤さん登場‼︎

令和3年、5月7日コナモンの日 見てね〜❗️ 日本コナモン協会、麺益力発表会●夜8時~【ロシアン佐藤さんのチャンネル「おなかがすい…

手焼きの大和麩

協会相談役の的場先生のコラムが届きました。 麩は、小麦粉食品の源流みたいな存在、もっと探求したいものです。 やまと麩210421(食模様…

麺益力アップポスター

皆さん、ありがとうございます。 早稲田、巌哲さん(東京事務所長より) 早稲田の巌哲さん(東京事務所長より) 満月うどんさ…

炒めておいしい!ケールのある食卓

  会長熊谷入りケールパッケージが登場です。 カリーノケールは加熱すると、緑がとっても美しく、おいしさもアップします。 トーストで…

たこやきレインボーさん

協会でも大変お世話になってます大活躍のたこやきレインボーさん、今後の展開も楽しみです。…

ページ上部へ戻る