© コナモン資料室 All rights reserved.

G20と、コナモンの歴史@天声人語

G20で、大阪はいま大変です。
http://konamon.jp/archives/17807
私も関連記事をきっかけに、メディアの対応が急増しまして
対応に追われています。
そのなかで、朝日新聞の論説委員室の記者さんが取材に来られました。

いつになく、人が少ない道頓堀の喫茶店で、2時間ほどお話しましたが、私の著書も熟読されてて

とっても楽しいインタビューをしてくださいました。

そして、今朝の朝刊に、コナモンの歴史を凝縮して非常にわかりやく、紹介してくださっています。

さすが朝日新聞さんです。ありがとうございます。

関連記事

軽羹の魅力

各地においしいお菓子はたくさんありいますが、軽羹ほどオリジナリティの高いおいしさって、あまり見かけないような。 食感、栄養価、香りのすばら…

炊肉という絶妙@鹿児島

このたび、鹿児島での最高の驚きは、焼肉、ではなく、炊肉という世界に入ってしまったことでした。 モツのおいしさ、栄養、カロリ…

マヨたこ@鹿児島

マヨたこ情報は1990年代からあったのえ、20年以上の歴史になります。 鹿児島のご当地たこ焼きといってもいいのかも知れませんね…

グラチャンもり山@鹿児島あげぱく

夕方になると、女子高生たちもやってきて、会場は唐揚げ一色に。 グラチャンのもり山さんのお気遣いも有難いです。 唐揚げの香…

とり新の骨つきモモ@鹿児島あげぱく

鹿児島では恒例となった「あげぱく」。 大分でお世話になった最高金賞のお店の社長みずからが揚げてくださるというので、ありが…

ページ上部へ戻る