© コナモン資料室 All rights reserved.

ライス焼マヨ味 Sサイズ

ライス焼き。

お好み焼きにご飯を入れたことはありますが、さてどんな感じなんでしょう。

ドキドキしながら開店直後たずねてみると、にこやかに迎えてくれた2代目社長。

彼が1,2歳ぐらいのときに、お店ができて、「たこ坊」と声を発したところからこの屋号になったそうです。それから30年余り、お母さんのまかないだったマヨネーズご飯とお好み焼きを、お客さんが一緒にしたら・・ということで、合わせたライス焼きは商標もとり、S,M,Lの大きさも3種。具材違いのバリエーションも豊かに、いまでは熊本の話題のメニューとなりました。

どんなんかしら・・と思って一口食べてびっくり。

ご飯を感じさせない、一体感。マヨの実力といいましょうか、すっごくおいしいんです。

試食続きで半分持ち帰りましたが、ホテルでも美味しくて、一気に大ファンです!

たこ焼きも、ねぎ焼きもある、居心地のいい鉄板居酒屋さん、震災復興で訪れた大阪人たちもすっかり常連さんで、私もその一人になりそうです。

関連記事

夏の麺益力、協会おすすめレシピサイト

  ■栄養バランスばっちり麺類で、麺益力あげあげ! 夏の麺益力、麺類編の日本コナモン協会監修メニューサイトが ヤマサ醤油「なるほ…

てんぷら近藤さんコナモンレッスン@ABCクッキングスタジオ

  l 近藤さんの春の天ぷら@ABCクッキング ABCクッキングスタジオの KONAMONマスター1dayレッスンで、 銀座…

70年続く甘党の世界

        中野鮮魚店のそばにある、喫茶とお食事のお店、千日さんがあります。 こちらも歴史…

さようなら中野鮮魚店

昨年おじゃました、町の天ぷら屋さんが3月に閉業されました。 寂しい限りです。食文化の保護はどこの町も喫緊の課題です。…

天ぷら、ぜんざい

  沖縄のぜんざいは、金時豆あんが主流、しかも氷がけがふつうで、本土で言う普通のぜんざいをだすお店は非常に少ない、…

ページ上部へ戻る