© コナモン資料室 All rights reserved.

鰹節から昆布、煮干しまで

外食セミナーの展示会では、だし系のブースもたくさん出ていましたが、だし素材の展示が見事なマルサヤさんに立ち寄って、だし素材のことを丁寧に教えていただきました。

うちの親は、かえり煮干しが好きだったんですが、煮干しのなかでも一番旨味が高いそうです。

日本の近海は豊かな魚類がいるので、昔から地元の魚を煮干して、だしに使っていた食文化は各地にあったのだと思います。

いろいろあるので、様々な相乗効果を実験してみたいものです。

 

関連記事

てんぷら近藤さんコナモンレッスン@ABCクッキングスタジオ

  l 近藤さんの春の天ぷら@ABCクッキング ABCクッキングスタジオの KONAMONマスター1dayレッスンで、 銀座…

70年続く甘党の世界

        中野鮮魚店のそばにある、喫茶とお食事のお店、千日さんがあります。 こちらも歴史…

さようなら中野鮮魚店

昨年おじゃました、町の天ぷら屋さんが3月に閉業されました。 寂しい限りです。食文化の保護はどこの町も喫緊の課題です。…

天ぷら、ぜんざい

  沖縄のぜんざいは、金時豆あんが主流、しかも氷がけがふつうで、本土で言う普通のぜんざいをだすお店は非常に少ない、…

ティラジャー、ハタカサ、オオタニワタリ

伊是名の自然の豊かさには頭が下がります。 お庭の果物、野菜だけでも何種類もあっ…

ページ上部へ戻る