© コナモン資料室 All rights reserved.

愛知の名工作きしころ

代々きしめん好きなんですが、これを亡くなった祖母に食べさせてあげたかったです。

美濃尾張エリア特有のむろあじベースのすっきりした「ころ」の味わいは、日本の夏に欠かせない味になることでしょう。

大正15年創業、愛知の名工、「みそ煮込み角丸」三代目日比野さんの強い思いがこめられた一杯。

きしめんという存在に、改めて感謝です。

関連記事

おかん@ロンドン

12年前に訪ねたロンドン、ブリクストンのおかんさん。昨年からこの状況のなか、女将の奮闘についてさまざまなメディアが紹介してきました。先日も…

岡山〜倉敷

IMG_2244 久々の岡山探訪、暑かったですが楽しむことができました。 …

20217/26

SNS活用セミナー

パンくんさんのSNS活用術など、勉強になりました!…

焼き技30年の安定感@きじ

三代目の安定の焼き技を見に行って、1時間ぐらい話し込んでしまいます!…

そうめんブーム

  東京のそうめん工場の様子が紹介されていました。 恵比寿のそそそさんも楽しいお店ですが、そうめんや乾麺もミニ…

ページ上部へ戻る