© コナモン資料室 All rights reserved.

富士つけナポリタン

小倉大会以降、B-1グランプリの審査では、毎回必ず試食してきた大好きなつけナポリタンですが、この発祥のお店、吉原商店街を代表する人気喫茶店、アドニスさんにおじゃまするのはお初です。

富士つけナポリタン大志館のボンジョルノ小川さんに案内していただきました。

一時は50店舗以上ものお店が、アドニスさんの指導でつけナポリタンを提供し、いまでは富士市の定番メニューとなったわけです。

その裏話、エピソードの数々をうかがいながら、太めのパスタならぬ、中華麺の食感をトマトソースで味わうことができました。

お箸で食べるナポリタン。ナポリタン自体、和食のようなもんですが、つけナポリタンはその進化系として、まだまだ可能性を秘めていると感じました!

関連記事

てんぷら近藤さんコナモンレッスン@ABCクッキングスタジオ

  l 近藤さんの春の天ぷら@ABCクッキング ABCクッキングスタジオの KONAMONマスター1dayレッスンで、 銀座…

70年続く甘党の世界

        中野鮮魚店のそばにある、喫茶とお食事のお店、千日さんがあります。 こちらも歴史…

さようなら中野鮮魚店

昨年おじゃました、町の天ぷら屋さんが3月に閉業されました。 寂しい限りです。食文化の保護はどこの町も喫緊の課題です。…

天ぷら、ぜんざい

  沖縄のぜんざいは、金時豆あんが主流、しかも氷がけがふつうで、本土で言う普通のぜんざいをだすお店は非常に少ない、…

ティラジャー、ハタカサ、オオタニワタリ

伊是名の自然の豊かさには頭が下がります。 お庭の果物、野菜だけでも何種類もあっ…

ページ上部へ戻る