© コナモン資料室 All rights reserved.

202/ 楼蘭の黒豚珈理麺

華麗なる1週間の私の担当ラストのお店は、梅田駅前第2ビル地下2階の楼蘭さんです。
 
お昼前というのに、次々とお客さんがやってきて、ササッと食べていかれます。
そんななかで、スペシャルメニュー、「黒豚珈理麺」味玉つきを注文しました。
初心者の私は、周囲の注文を聞きながら、味玉トッピングのすごさを痛感してました。
たのまない人はいないのです。
 
出てくると、なるほど、皮の茶色以外は真っ白で、半熟でも固ゆででもない、
ゼリーみたいな食感の白身、その真ん中に、黄身の黄色が輝いているのでした。
さらに黒豚らしい脂身のプルプルがうまそうな、しっかりした豚スライスがのって、
スペシャルメニューの風格を感じさせます。
 
スープは、辛さ優先、スパイシーで、麺、味玉、麺、黒豚の順に食べていくと、
まろやか、スパイスのローテンションが体に染み入ってくるようです。
繊細な麺なので、カレー以外の定番の柚塩つけ麺もためしたくなります。
 
隣りの人は、シャワーを浴びたような汗っぷりで、逆にすがすがしさを感じました。
会計のとき、お客さんにまた声をかけられてしまいました。
その方はPAPUAの名刺だけもってるということです。
ラーメン好きの人たちが、今回の華麗なる1週間を楽しみにしてられる様子が
ひしひしと伝わり、嬉しい汗をかいてました。
Cimg3606jpg Cimg3611jpg

関連記事

知らなかったコナモンの世界@大阪府食文化セミナー

■知らなかった!大阪の粉もん文化@大阪府食文化セミナーご案内 会長熊谷と道頓堀今井社長によるコナモンセミナーが開催されます。 (申し込み…

小浜のおくどさん~熊川葛~長浜のっぺい

中東篤志さんの小浜のお店へ。久しぶりでしたが、さらにパわ^アップされてて、いい刺激になります。 焼サバそぼろぶっかけやトマトうどんのお出し…

創業明治30年の鰻@多治見

岐阜支部長のおひざもと、多治見へ。 炭焼き鰻の老舗におじゃましました。 四代目店主のこれからの展望をききながら、多…

明治18年、屋台発祥のてん茂さん

東京の天ぷら屋さんの奥深さの一つ、日本橋のてん茂さんへ。 四代目さんの折り目の正しさに背筋がのびます。柚子おろしがあう、才巻椎茸や、穴子、…

サンド、ドック、食パンブーム

フルーツサンドやホットドック、食パンブームはまだまだ終わりを知りませんね。 サンドイッチの広がり、進化をこれからも見つめていきたい…

ページ上部へ戻る