© コナモン資料室 All rights reserved.

感激の高砂にくてん@木曽路

感激の高砂にくてん感激の高砂にくてん感激の高砂にくてん

高砂市商店連合会主催の会へ、コナモンの講演に出かけました。 会場は由緒ある、高砂商工会議所です。

なんで高砂やねんと思う方もいるかもしれませんが、高砂には「にくてん」というお好み焼きの原型があるんです。 薄く生地をひいて、キャベツ、すじにくなどをおいて・・・

と、ここまでは神戸長田にもありますが、高砂のにくてんには、おでんのじゃがいもがはいります。 キリンビールの取材で初めて食べたときは、予想以上のおいしさに感動したものです。

講演のあと懇親会の食事もいただいたというのに、まだにくてんのかけらも食べていなかったので、山陽電車高砂駅前の木曽路さんへつれてってもらいました。

このお店は兵庫区で30年、震災後こちらにうつってきたそうで、楽しげに仕事するご主人と奥さん、息子さんたちの息もぴったり、鉄板パフォーマンスに見とれてしまいます。

オリジナルの磯焼きは、お好み焼きを焼きのりで、海苔巻きのように仕上げる初めてのメニューでした。

うどんそば焼きは、その名のとおり、うどんとそばをやいたもので、パリパリのそば&もっちりうどんの絶妙なコンビネーションがたまりません。

しめのにくてんは、ジャガイモの味付けもほどよく、懐かしさがこみあげました。

隣りで、木曾のお酒、七笑ばっかりを飲んでる北野弘司さん(=高砂にくてんの仕掛けおやじ)に、「この店はいるなり、テンションあがりっぱなしやなあ・・・」といわれてしまいました。

にくてん喰わん会会長の福田さんも烏龍茶を飲みながら大笑い。6月11日、明石のコナモンバトルでもよろしくおねがいします!

関連記事

ふるふわ和水焼@べ〜子屋

  呉から広島、新玉名へ。日本人初のオリンピック出場のマラソン選手、金栗四三ゆかりの地にも、ユニークなお好み焼があるんですね! 前回は…

いが餅とアイスモナカ

呉エリアの昔ながらのお菓子「いが餅」に出会うことができました。大福に、栗のいがに見立てたカラフルな米粒がついています。郷土菓子が…

商店街スイーツ@呉

まさかこんなに愛らしく美味しいフライケーキとは思わず、2個しか買わなかったことを後悔しました。作り方教わってみたいものです。とってもレトロで…

洋食としてのカツ丼@いせ屋

「田舎洋食」に惹かれて入ったら、なんと呉の超名物店でした。100周年というのもすごいですが、ご主人がお元気で、カツ丼が皿盛…

有り難い森田食堂@呉

松山観光港から高速ジェットで呉港へ。 創業109年、おそらく現存する日本最古の食堂かもしれない三代目の女将さんに…

ページ上部へ戻る