© コナモン資料室 All rights reserved.

麺益力あふれる@戸田久商品

やませによって、夏も冷たい風が吹く旧南部藩エリアは、古くからコナモン王国。2010年から毎年開催された、北のコナモン博覧会では、八戸せんべい汁、久慈まめぶ、二戸へっちょこだんごなど、青森県と岩手県にまたがったエリアの楽しい企画も開催していただきました。

久慈市はまめぶの文化財登録に向けて躍進中ですが、地元のスーパーマーケットの売場では、麺類が並ぶコーナーがおそらく日本一といっていいくらい、大きな面積がさかれています。

そこに今回、麺益力マーク入りのパッケージが陳列され、好評をいただいてるとうかがいました。

地元の麺類メーカー戸田久さんから、麺益力あふれる商品をたくさんの送りいただき、ひっつみ、中華そば、盛岡冷麺などなど、毎日おいしく頂戴しています。

北のこなもんどころ、のポテンシャルを痛感しながら、これからもおいしく楽しく、食文化継承活動を展開していきたいと心に誓うのでした!!

関連記事

名店の大阪おじやうどん@マツバヤ

   大阪だしうどん、象徴的なきつねを産んだマツバヤさん。いまや世界も見つめる至福の原点の一杯。開店と同時にお…

つきぢ田村三代目のお別れ会

築地たむら3代目、田村隆さんのお別れ会が、親友脇屋シェフのお店で行われました。演出に徹底的にこだわるタレント田村さんのエ…

地域の食資源としてのコナモンの魅力

追手門学院大学で、フードツーリズム学会主催の講演会にお招きいただきました。鉄板会議のお話や地域の食資源としてのコナモンの魅力…

中華の楽しみ@筑紫楼

お気に入りの中華で北京ダックやフカヒレを頂きました。ナイフとフォークの海老マヨもお初です。お味と居心地の良さを兼ね…

鶏そば@円山町

丸山町のオイスターバーの隣、tonari さんへ。鶏チャーシューの火入れ、麺とスープのからみ具合い、接客、メニュー展開も含め、非常にバラ…

ページ上部へ戻る