© コナモン資料室 All rights reserved.

麺益力あふれる@戸田久商品

やませによって、夏も冷たい風が吹く旧南部藩エリアは、古くからコナモン王国。2010年から毎年開催された、北のコナモン博覧会では、八戸せんべい汁、久慈まめぶ、二戸へっちょこだんごなど、青森県と岩手県にまたがったエリアの楽しい企画も開催していただきました。

久慈市はまめぶの文化財登録に向けて躍進中ですが、地元のスーパーマーケットの売場では、麺類が並ぶコーナーがおそらく日本一といっていいくらい、大きな面積がさかれています。

そこに今回、麺益力マーク入りのパッケージが陳列され、好評をいただいてるとうかがいました。

地元の麺類メーカー戸田久さんから、麺益力あふれる商品をたくさんの送りいただき、ひっつみ、中華そば、盛岡冷麺などなど、毎日おいしく頂戴しています。

北のこなもんどころ、のポテンシャルを痛感しながら、これからもおいしく楽しく、食文化継承活動を展開していきたいと心に誓うのでした!!

関連記事

ふるふわ和水焼@べ〜子屋

  呉から広島、新玉名へ。日本人初のオリンピック出場のマラソン選手、金栗四三ゆかりの地にも、ユニークなお好み焼があるんですね! 前回は…

いが餅とアイスモナカ

呉エリアの昔ながらのお菓子「いが餅」に出会うことができました。大福に、栗のいがに見立てたカラフルな米粒がついています。郷土菓子が…

商店街スイーツ@呉

まさかこんなに愛らしく美味しいフライケーキとは思わず、2個しか買わなかったことを後悔しました。作り方教わってみたいものです。とってもレトロで…

洋食としてのカツ丼@いせ屋

「田舎洋食」に惹かれて入ったら、なんと呉の超名物店でした。100周年というのもすごいですが、ご主人がお元気で、カツ丼が皿盛…

有り難い森田食堂@呉

松山観光港から高速ジェットで呉港へ。 創業109年、おそらく現存する日本最古の食堂かもしれない三代目の女将さんに…

ページ上部へ戻る