© コナモン資料室 All rights reserved.

2081/ 朝ごはん@高橋家

篤子さんのお宅は、山からの清らかな水が流れる高台のうえにあります。

お台所からみえる景色は、日本の原風景、お水の冷たさが心地よいです。

きっと冬はもっと人肌に近くなって、夏は涼しく、冬は暖かく、自然の理がいきわたった住空間なのです。

100714_0733~01.jpg

朝ごはんも、お姑さん、篤子さんといっしょにいただきました。

手前は、近所の山で採れた幻のかのか茸。

篤子さんの姑さん100713_1913~01

茸狩り名人のご主人は昨晩、飲みすぎで、朝寝坊されてます。

 

 

この地に嫁入りする可能性はもはやありませんが、次に生まれてくるなら、迷わず高橋家に生まれたいと思うのでした。

関連記事

たこ焼酒場 しん家(涙の道頓堀焼きそば)

【2020年3月26日再訪】 ■涙の道頓堀焼きそば:950円 完成時にスタッフが、嬉し泣きをしたのが由来という「涙の道頓堀焼きそば」はイ…

粉もん@料理通信

  粉物特集です。世界のコナモンレシピが紹介されて充実の一冊!…

ケール尽くし

      トキタ種苗の皆さんと、大宮のイタリアンにおじゃましました。 ケールのチップス、ケールパウダーをつかった3種のフ…

ケールの洋食焼@千陽

  2019年からスタートしてもらった、ケールの洋食焼。 千陽さんの定番になりつつあります。 鮮やかな緑は、ケールなら…

コナコナ祭2020

    コロナの影響も考慮しながら、今年も コナコナ祭2020の準備をすすめています。 みなさま、よろしくお願いいたします。 &nb…

ページ上部へ戻る