© コナモン資料室 All rights reserved.

2037/ 驚きの尾道焼き@萩の家

深夜、尾道市街にもどり、萩の家さんへ。

そして驚きの鉄板技が繰り広げられました。

100811_2222~01.jpg 

まずは、冷たいままの鉄板に生地をまるく広げます。

具は、海老も、しゃこも、あさりも生から。

魚介の旨みたっぷりの尾道焼きの真骨頂です。

100811_2222~01.jpg 

いか天もりっぱ。

尾道はいか天生産の聖地なのです。

100811_2222~01.jpg 

パリパリの皮、このままでも食べたいほど。

でもまだまだおいしくなります。

こちらの店主、萩原功さんは3代目。

おじいちゃんは、日本初の総合結婚式場といわれる目黒雅叙園の料理長で、戦争をきっかけに尾道にきて戦後派寿司店だったそうですが、昭和35年くらいから、2代目がお好み焼をはじめ、今はお母さんと3代目が独特の焼き技で、尾道焼きの普及にもつとめているのです。

生いか、たこは、どのメニューにもはいりますし、とにかくこだわりがすごくて、見てるだけでドキドキするのでした。

尾道は何度かたずねていましたが、ここは知らなかった!

尾道焼きの奥座敷にどっと通された気分です。

100811_2222~01.jpg 

R0019247

関連記事

おやき最前線

おやき女子、大活躍! 野菜の日(8月31日)にちなんで、おやきレポートがアップされました。 小麦粉消費率の高…

つけ麺の映画

たまたま移動中に見たんですが やっぱり食べたくなりますね。 敬愛する山岸さんのお弟子さんだそうですが 今やラー…

ぶどうの季節

ぶどうの季節 ですね。 大粒の見事な4種が届きました。 小学生の時に、巨峰が出てきて ピオーネやマスカットに大喜びしてた時代から…

たこせん@朝日新聞

たこせん再注目! 朝日新聞の記事で、「たこせん」がテーマになり、 以下のサイトにアップされています。 朝日新聞 8月28日付「勝手…

初代コナモン大使のご活躍

初代コナモン大使、世界バレースペシャルサポーター! 2014年、デビュー会見にてコナモン大使に任命させていただいた ジ…

ページ上部へ戻る