© コナモン資料室 All rights reserved.

300/ カレーぶっかけ&生醤油オンリー

コナモンの本もいよいよ追い込みで、江戸時代の図版資料もさがす時期になってきた。

ケンショクの資料室に行く前に、これまでおじゃまできずに気になっていた、皐月庵へ。

悩んだ末にたのんだのは、カレーぶっかけ。カレーうどんとぶっかけの人気店なので、両方いっぺんに味わってしまおうという、魂胆だった。ホールの香辛料を店で粉にして、何ヶ月も寝かせた幻のカレー粉! そのお宝の詰まった棚も拝見させていただきましよ~ 

そうだカレーもコナモンだったのだ。ならばカレーうどんは、ダブルコナモンとして大切にしたいメニューである。昨日、朝日新聞の取材で、カレーラーメンの魅力についてコメントしたばかりだが、その前に、大阪にはカレーうどんという大きな峰が・・・

アツアツのカレーにしめた麺をからめながらいただく絶品。猫舌の私には特にうれしい。でも麺だけでこんなにいけてしまう、このおうどん、いったい何故???

麺は讃岐、だしは関西、つけだしは関東、といいとこどりのワガママうどん。ご主人の嶋田孝一さんも、わが道をひたすら突き進む、厳おやじなんです。(厳選・厳密・厳格の三拍子そろったおやじのこと、厳おやじって造語しちゃいました。)

にんじん、玉ねぎ、それに牛のお肉・・それぞれの味が生きたままの、カレーなんて久々ですよ。ありがたくたいらげて、PAPUAさんにメール。

私「もう一杯食べるなら、何がいいでしょうか??」

PAPUA「騎上位、じゃなくって、生醤油!」

皐月庵、本日ラスト1玉は私の生醤油でした。テリとみずみずしさで輝くゆでたて麺。文句なしにええ感じです。うまそうな、大根おろしと、スダチとネギとしょうがが付いてますが、何も足さない、何も引かない、それが私の流儀とこれまた久々に断言モード。途中で少し、自家ブレンド醤油を垂らすと・・・麺の自然の甘みを引き出します。

とひたすらツルツルしてる間に、麺が終了したので、おろしだけ別にいただきました。

閉店後、ご主人とじっくりおしゃべりして、すっかりお仲間状態になって(といっても初対面ではなかったのですが・・)、次回の資料探索を心待ちにする私でした。

関連記事

知らなかったコナモンの世界@大阪府食文化セミナー

■知らなかった!大阪の粉もん文化@大阪府食文化セミナーご案内 会長熊谷と道頓堀今井社長によるコナモンセミナーが開催されます。 (申し込み…

小浜のおくどさん~熊川葛~長浜のっぺい

中東篤志さんの小浜のお店へ。久しぶりでしたが、さらにパわ^アップされてて、いい刺激になります。 焼サバそぼろぶっかけやトマトうどんのお出し…

創業明治30年の鰻@多治見

岐阜支部長のおひざもと、多治見へ。 炭焼き鰻の老舗におじゃましました。 四代目店主のこれからの展望をききながら、多…

明治18年、屋台発祥のてん茂さん

東京の天ぷら屋さんの奥深さの一つ、日本橋のてん茂さんへ。 四代目さんの折り目の正しさに背筋がのびます。柚子おろしがあう、才巻椎茸や、穴子、…

サンド、ドック、食パンブーム

フルーツサンドやホットドック、食パンブームはまだまだ終わりを知りませんね。 サンドイッチの広がり、進化をこれからも見つめていきたい…

ページ上部へ戻る