© コナモン資料室 All rights reserved.

300/ カレーぶっかけ&生醤油オンリー

コナモンの本もいよいよ追い込みで、江戸時代の図版資料もさがす時期になってきた。

ケンショクの資料室に行く前に、これまでおじゃまできずに気になっていた、皐月庵へ。

悩んだ末にたのんだのは、カレーぶっかけ。カレーうどんとぶっかけの人気店なので、両方いっぺんに味わってしまおうという、魂胆だった。ホールの香辛料を店で粉にして、何ヶ月も寝かせた幻のカレー粉! そのお宝の詰まった棚も拝見させていただきましよ~ 

そうだカレーもコナモンだったのだ。ならばカレーうどんは、ダブルコナモンとして大切にしたいメニューである。昨日、朝日新聞の取材で、カレーラーメンの魅力についてコメントしたばかりだが、その前に、大阪にはカレーうどんという大きな峰が・・・

アツアツのカレーにしめた麺をからめながらいただく絶品。猫舌の私には特にうれしい。でも麺だけでこんなにいけてしまう、このおうどん、いったい何故???

麺は讃岐、だしは関西、つけだしは関東、といいとこどりのワガママうどん。ご主人の嶋田孝一さんも、わが道をひたすら突き進む、厳おやじなんです。(厳選・厳密・厳格の三拍子そろったおやじのこと、厳おやじって造語しちゃいました。)

にんじん、玉ねぎ、それに牛のお肉・・それぞれの味が生きたままの、カレーなんて久々ですよ。ありがたくたいらげて、PAPUAさんにメール。

私「もう一杯食べるなら、何がいいでしょうか??」

PAPUA「騎上位、じゃなくって、生醤油!」

皐月庵、本日ラスト1玉は私の生醤油でした。テリとみずみずしさで輝くゆでたて麺。文句なしにええ感じです。うまそうな、大根おろしと、スダチとネギとしょうがが付いてますが、何も足さない、何も引かない、それが私の流儀とこれまた久々に断言モード。途中で少し、自家ブレンド醤油を垂らすと・・・麺の自然の甘みを引き出します。

とひたすらツルツルしてる間に、麺が終了したので、おろしだけ別にいただきました。

閉店後、ご主人とじっくりおしゃべりして、すっかりお仲間状態になって(といっても初対面ではなかったのですが・・)、次回の資料探索を心待ちにする私でした。

関連記事

20242/24

たこ焼き教室@博多阪急うまか研究所

めんたいワイドでお馴染みの山際先生と博多阪急、うまか研究所で、たこ焼き教室でした! たこ焼きも数種類hご用意して、先生の…

20242/23

元気屋@福岡市薬院

元気屋の屋号の通り、店員さんの動きに無駄のない薬院駅前のたこ焼と唐揚げのお店です。季節の桜エビトッピングとマヨネーズ…

20242/23

薬院の4種盛り@たこびーと

薬院から少し歩いたところ、たこ焼き居酒屋たこびーとさんで4種盛りを。楽しそうなお店で賑わってます!  #たこ…

20242/21

博多たこ焼き翔@福岡市城南区

焼きあがりまで30分かかる完全予約制というTacoやき翔(かける)さん。電話で注文してから訪ねたら焼き上がっていました。…

20242/21

たこ焼き太郎@福岡市早良区

福岡のたこ焼きリサーチで、たこ焼き太郎さんへ。創業約40年、タコのイラストも楽しい、地元に愛されるゆったりしたお店。鋳物鍋のたこ焼はやっぱり…

ページ上部へ戻る