© コナモン資料室 All rights reserved.

299/ 宇宙仕様の CUP NOODLE

Konasemi061212_84_4 Konasemi061212_81_1

「粉もん、コナモン、どんなもん」のセミナーしめくくりは、筒井之隆さんによる「カップヌードル」のお話でした。

筒井さんは、世界のカップヌードルの産みの親、日清食品の創業者であり、96歳の現在も研究開発の勢いをもっておられる安藤百福さんとともに、世界の麺をたずねたり、日清のユニークな広報活動をになってこられた、マーケティングのプロフェッショナル。最近は立命館大学の経営学部の教授もこなし、恋愛小説や、アルトサックスにまで広げての、まさに人生の達人です。

いまや国民食から国際食、そして宇宙食にまで進化の歩みをとめることのない、敬愛すべきインスタントラーメンのお話は、48歳でチキンラーメン、61歳でカップヌードル、そして90歳をこえて、宇宙食の発想をひらめいた百福さんの偉業にはじまり、スペースシャトルでカップヌードルのNASA版「SPACE RAM」(右上写真)を、おいしそうにレポートする宇宙飛行士、野口さんの貴重な映像まで、知ってるつもりのインスタントラーメンの魅力を再認識させてもらいました。

おみやげに用意していただいた、日清の3点セットにも、みなさん大喜び。

セミナーのあと、先週お世話になった‘てんま‘さんにおじゃまして、筒井さんから、協会の活動についてのアドバイスをたくさんいただきました。楽しくて、おいしくて、素敵なひとときをありがとうございました!

関連記事

知らなかったコナモンの世界@大阪府食文化セミナー

■知らなかった!大阪の粉もん文化@大阪府食文化セミナーご案内 会長熊谷と道頓堀今井社長によるコナモンセミナーが開催されます。 (申し込み…

小浜のおくどさん~熊川葛~長浜のっぺい

中東篤志さんの小浜のお店へ。久しぶりでしたが、さらにパわ^アップされてて、いい刺激になります。 焼サバそぼろぶっかけやトマトうどんのお出し…

創業明治30年の鰻@多治見

岐阜支部長のおひざもと、多治見へ。 炭焼き鰻の老舗におじゃましました。 四代目店主のこれからの展望をききながら、多…

明治18年、屋台発祥のてん茂さん

東京の天ぷら屋さんの奥深さの一つ、日本橋のてん茂さんへ。 四代目さんの折り目の正しさに背筋がのびます。柚子おろしがあう、才巻椎茸や、穴子、…

サンド、ドック、食パンブーム

フルーツサンドやホットドック、食パンブームはまだまだ終わりを知りませんね。 サンドイッチの広がり、進化をこれからも見つめていきたい…

ページ上部へ戻る