© コナモン資料室 All rights reserved.

リアル粉もん道場 あかし玉子焼編

粉もん道場第3回は、的場先生による、おいしい温度帯の講義のあと、熊谷が明石焼の歴史をご紹介しました。

昭和43年12月17日オープンのてんしん初代、古志利明さんは私の最初の本でも登場していただいた恩人ですが

その20年後、お孫さん明石を盛り上げる活動に欠かせない存在になり、このようにお仕事をお願いすることになろうとは、

利明さんを取材したころには予想できませんでした。

あかし玉子焼ひろめ隊隊長の古志利宗さんは、祖父の思いをしっかり受け継いで素晴らしい動きをされています。

旬の穴子入りと、立派な明石蛸入りの玉子焼で、門下生の皆さんをうならせていました。

またタコは、まる生ぽん酢、絹しょうゆ、白だし+オリーブオイルの3種で食べ比べしてもらいました。

上田水産さんから、朝お届けいただいた明石蛸3匹も、さっと湯がいて、おいしかったです。

終了テストもみなさん、ばっちりで、熱心な門下生に恵まれ、素晴らしい締めくくりとなりました。

お手伝いいただいた皆様も本当にありがとうございました。

 

関連記事

てんぷら近藤さんコナモンレッスン@ABCクッキングスタジオ

  l 近藤さんの春の天ぷら@ABCクッキング ABCクッキングスタジオの KONAMONマスター1dayレッスンで、 銀座…

70年続く甘党の世界

        中野鮮魚店のそばにある、喫茶とお食事のお店、千日さんがあります。 こちらも歴史…

さようなら中野鮮魚店

昨年おじゃました、町の天ぷら屋さんが3月に閉業されました。 寂しい限りです。食文化の保護はどこの町も喫緊の課題です。…

天ぷら、ぜんざい

  沖縄のぜんざいは、金時豆あんが主流、しかも氷がけがふつうで、本土で言う普通のぜんざいをだすお店は非常に少ない、…

ティラジャー、ハタカサ、オオタニワタリ

伊是名の自然の豊かさには頭が下がります。 お庭の果物、野菜だけでも何種類もあっ…

ページ上部へ戻る