© コナモン資料室 All rights reserved.

308/ 小麦の赤ちゃん


エン座さんのご主人加藤智春さんは、生まれた武蔵野の食文化である、うどんの味と、技と文化の伝承をめざす、究極のうどんおやじなのです。

奥さんの結子さんは天麩羅の名人で、天かす、こちらでは揚げ玉がまたたまりません。

お店から移動して、農林1号の畑におじゃまします。麦踏みを終えたばかりの瀧島さんの畑。代々この地で小麦が育てられていたのです。それにしても小麦の赤ちゃんは初めて。

地主の瀧島さんも自分でうどんを打つそうです。うどんは家ごとにいろんな打ち方、食べ方もあるそうで、武蔵野うどんはまだまだ未踏の地なんですね。

東京は蕎麦だからね、うどんなんて喰わねえよ、なんて誰がいったんでしょうか。

東京のうどんは、もしかしたら日本一! だったりして・・・

このあと、エン座さんが小麦を粉にしてもらう製粉所、山八商事におじゃまして、水車製粉方式製粉所をたずねました。190年前の水車は、直径7.7メートル。圧巻です!

エン座さんにいただいたご縁で、武蔵野のコナモン文化の奥深さを痛感です。このあとおがさん、りゅうさん、おがさんのにせ息子さん、そしてエン座の加藤さんにいろいろインタビューさせてもらいました。

麺類という大きなコナモンの山に新しい尾根をみつけた、そんな一日でした。ありがとうございました!

関連記事

8月8日

8月8日、道頓堀たこ焼連合会の皆さんが、熱々焼いてお待ちしてます🐙🐙 #konamon #日本コナモン協会 #食文化  #shorts…

道頓堀やきそば10周年

道頓堀やきそば@柏タカシマヤ【昭和レトロde夏祭り】 大阪鉄板会議で開発され、10周年で60万食以上、極太麺に濃厚、道頓堀ソー…

十和田vs大阪@京都

侘家古暦堂の秋山料理長から、京大和さん跡地のパークハイアットでの案内を頂きました!タコスのパクチーマヨ、フカヒレ&…

境港白ネギレシピ

IMG_9534 鳥取県境港の伊達市長からプレゼント頂いた白ネギ5本で、白ネギの生地流し焼を作りました。ネギの甘みと旨味、ホ…

京橋・天満エリアのビーフンマップができました!

京橋・天満を中心に、ビーフン提供のお店マップができあがりました! 担々麺で有名な京橋ササラ、天満橋ササラ、中華そば丸京などを展開されてる新…

ページ上部へ戻る