© コナモン資料室 All rights reserved.

ノドにいい大麦粉

ずずーっと4月から休みなく、粉まみれだったので、風邪が治らず、とくにノドのイガイガが残っている。

いい薬がある、これも粉やけどね・・と、「麦門冬湯」(ばくもんどうとう)という漢方薬をお医者さんが出してくれた。

昔、風邪をひくと、母がはったい粉を作ってくれたが、これも民間療法の一つで、この薬にも大麦がはいっている。

薬の世界でも活躍する粉があったとは・・・心強いかぎりです。

関連記事

オコタコ基本レシピ

レシピのお問合せが多いので、以下のサイトを改めてご紹介です。 オコタコキッチンの基本レシピ http://nisshin.okotako…

若手の後継者たち@たこやき座

ひっそりとした道頓堀エリアですが、空いてるお店があると嬉しくなります。たこやき座さんをのぞいてみると、若手の焼き手さんが。 まだ25歳とい…

生駒に吹くスリランカの風

閉店のお店が多くて、あいてる喫茶がありがたいこのごろ、大阪駅の待ち時間に根菜のラップサンド、奈良についたら、30年近い地元の人気店ラッキーガ…

麺益力麺類

ムタヒロ堺東店 麦と麺助 煮干しラーメン釜たけうどん、リンクス梅田店、肉ぶっかけ古今亭、鶏そば古今亭、煮干しラーメン中村商店、つけ…

ナポリピッツァ、冷麦、スノーボール@芦屋

阪神芦屋駅からJR芦屋駅のあいだには、いろんな楽しいお店があります。 お菓子やさんもいっぱいですが、昔ながらの麺類店や10年近いピッツェリ…

ページ上部へ戻る