© コナモン資料室 All rights reserved.

245/ 長野大町八坂 囲炉裏の灰焼き

Cimg4650jpg Cimg4676 Cimg4666jpg Cimg4683jpg Cimg4687jpg Cimg4655jpg

長野コナモン食いだおれツアーの最後を華々しく締めくくるのは、灰焼きおやき体験です。

3年前、日本コナモン協会を設立した当時から、私は長野のおやきをたこ焼きに匹敵するふるさとのコナモンとして、注目してきましたが、その確信を得たのは、この灰焼きおやきに出会ったからです。

焙烙で両面に焦げ目をつけて、あとは灰のなかに埋めて焼くおやきこそ、囲炉裏文化の象徴、長野を代表するコナモン文化の星★、灰焼きなのです。地元では、へえくべとか、ハリコシとか、いろいろ呼び名があるそうです。

おやきを食べながら、極うま秋大根のおでんや、酢漬けのたくあんや、あま~い山栗をつまみ、ここに地酒があれば・・と思うのは私だけではないでしょう。

山の神さま、ありがとうございます!

自分で丸めて、野沢菜のあんを入れて、丁寧に包み、20分ほどかけて、じっくり焼いてもらいます。このあつあつを囲炉裏でいただく喜び、地粉の皮をかみしめながら、私はコナモンの出会いに深く感謝するのでありました。

八坂商工会の松井照隆さん、おやきのご指導をいただいたお母さん方、お世話になりました。

猫のベッド、猫つぐらのデザインもグッドで、作りかけの籠状態のをいただいてしまいました。おねだりはするもんですね・・・またもやありがとうございました。

ふつうのふかしおやきしか知らない方には、ぜひ出かけていただきたい灰焼きです!!

 

関連記事

焼きそば50種、食べくらべ@女性セブン

50種類のおうち焼きそば特集@女性セブン 大好評の食べ比べ特集、おうち焼きそばに会長熊谷が参戦! 塩崎さん、みかさ社長、まるしょ…

知らなかったコナモンの世界@大阪府食文化セミナー

■知らなかった!大阪の粉もん文化@大阪府食文化セミナーご案内 会長熊谷と道頓堀今井社長によるコナモンセミナーが開催されます。 (申し込み…

小浜のおくどさん~熊川葛~長浜のっぺい

中東篤志さんの小浜のお店へ。久しぶりでしたが、さらにパわ^アップされてて、いい刺激になります。 焼サバそぼろぶっかけやトマトうどんのお出し…

創業明治30年の鰻@多治見

岐阜支部長のおひざもと、多治見へ。 炭焼き鰻の老舗におじゃましました。 四代目店主のこれからの展望をききながら、多…

明治18年、屋台発祥のてん茂さん

東京の天ぷら屋さんの奥深さの一つ、日本橋のてん茂さんへ。 四代目さんの折り目の正しさに背筋がのびます。柚子おろしがあう、才巻椎茸や、穴子、…

ページ上部へ戻る