© コナモン資料室 All rights reserved.

神戸たこ焼き

神戸たこ焼き神戸たこ焼き神戸たこ焼き

神戸たこ焼きのブランディングを目指している佃和喜さんの神戸たこ焼きめぐりに同行させてもらった。

長田の神戸デパートに昭和39年からあった三ツ輪がアスタくにづかの地下に引っ越ししていて、まずはそちらから。 だしとソースで食べるたこ焼き=神戸たこ焼きは、私もきちんと食べるのは初めてなのだ。

鉢にたこ焼き8個が並び、明石焼きよりは濃いめのおだしがはいり、ネギのトッピング。 まずはこのままで味見。なかなかおいしい。でも本当の神戸たこ焼きの食べ方は、これじゃない!

そうだ、ここからが本番、といわんばかりに、ソースのボトルを嬉しそうに持つ佃さん。私にはいまだ未知の世界が目の前で湯気をあげている。

佃さんには申し訳ないが、おそるおそるひと口。なんと意外なことに、うまい! 明石でも、大阪でもない正真正銘、神戸たこ焼きという新世界に突入した、記念すべき一日となった。

関連記事

もっちりワッフルとチーズケーキ@ドドド

米子の商店街にあった銀行をリノベーションしたカフェへ。 金庫がVIPルームというので見せてもらいましたが、文化財空…

蟹取県境港市の底力

水辺の最高のロケーションで、鮮度抜群の海の幸。このうえない幸せなエリア…

水木しげるロードのたこ焼

たこ八さんで修業されたかたに習ったというお店が、水木しげるロードにありました。 自家製のシソジュースと相性がばつぐん!…

地元スーパー@境港市

大山がみえるこのエリアは、島根県との県境でもあり、水揚げ日本一の海の幸のパラダイス。 スーパーでも…

鳥取県西部のラーメン

とっとりバーガーフェスタで毎年大山におじゃましていましたが、最近はご無沙汰してたので、久々の米子です。大山ふもと…

ページ上部へ戻る