© コナモン資料室 All rights reserved.

神戸たこ焼き

神戸たこ焼き神戸たこ焼き神戸たこ焼き

神戸たこ焼きのブランディングを目指している佃和喜さんの神戸たこ焼きめぐりに同行させてもらった。

長田の神戸デパートに昭和39年からあった三ツ輪がアスタくにづかの地下に引っ越ししていて、まずはそちらから。 だしとソースで食べるたこ焼き=神戸たこ焼きは、私もきちんと食べるのは初めてなのだ。

鉢にたこ焼き8個が並び、明石焼きよりは濃いめのおだしがはいり、ネギのトッピング。 まずはこのままで味見。なかなかおいしい。でも本当の神戸たこ焼きの食べ方は、これじゃない!

そうだ、ここからが本番、といわんばかりに、ソースのボトルを嬉しそうに持つ佃さん。私にはいまだ未知の世界が目の前で湯気をあげている。

佃さんには申し訳ないが、おそるおそるひと口。なんと意外なことに、うまい! 明石でも、大阪でもない正真正銘、神戸たこ焼きという新世界に突入した、記念すべき一日となった。

関連記事

オコタコ基本レシピ

レシピのお問合せが多いので、以下のサイトを改めてご紹介です。 オコタコキッチンの基本レシピ http://nisshin.okotako…

若手の後継者たち@たこやき座

ひっそりとした道頓堀エリアですが、空いてるお店があると嬉しくなります。たこやき座さんをのぞいてみると、若手の焼き手さんが。 まだ25歳とい…

生駒に吹くスリランカの風

閉店のお店が多くて、あいてる喫茶がありがたいこのごろ、大阪駅の待ち時間に根菜のラップサンド、奈良についたら、30年近い地元の人気店ラッキーガ…

麺益力麺類

ムタヒロ堺東店 麦と麺助 煮干しラーメン釜たけうどん、リンクス梅田店、肉ぶっかけ古今亭、鶏そば古今亭、煮干しラーメン中村商店、つけ…

ナポリピッツァ、冷麦、スノーボール@芦屋

阪神芦屋駅からJR芦屋駅のあいだには、いろんな楽しいお店があります。 お菓子やさんもいっぱいですが、昔ながらの麺類店や10年近いピッツェリ…

ページ上部へ戻る