© コナモン資料室 All rights reserved.

浜松餃子学会の古橋さん

オタフクソースの展示会、活力フェアへ熊五郎の今西社長をお連れした。

佐々木茂喜社長、孝富さん、泰平さん、お好み焼き課の松本さん、高森さんはじめ、オタフクのコアメンバーが勢ぞろい。キリンの岡橋さんや、3年ぶりの堤さんもスリムになってらして驚いた。1年ぶりの方もいて、しゃべりまくって、食べるまがないくらい、あちこちで盛り上がった。

でも極めつけは、オタフクの東京営業所長兼日本コナモン協会粉こねくり連の筆頭の樋園朗さんに、浜松餃子学会の古橋佳博さんを紹介してもらったこと。

見るからにおいしそう、肉まんみたいにふっくらアツアツの古橋さん。

その風貌といい、餃子にかける意気込みといい、感動的な出会いといえよう。たぶん2ヶ月以内に浜松行きますからね~。浜松餃子、今から楽しみです!

関連記事

ふるふわ和水焼@べ〜子屋

  呉から広島、新玉名へ。日本人初のオリンピック出場のマラソン選手、金栗四三ゆかりの地にも、ユニークなお好み焼があるんですね! 前回は…

いが餅とアイスモナカ

呉エリアの昔ながらのお菓子「いが餅」に出会うことができました。大福に、栗のいがに見立てたカラフルな米粒がついています。郷土菓子が…

商店街スイーツ@呉

まさかこんなに愛らしく美味しいフライケーキとは思わず、2個しか買わなかったことを後悔しました。作り方教わってみたいものです。とってもレトロで…

洋食としてのカツ丼@いせ屋

「田舎洋食」に惹かれて入ったら、なんと呉の超名物店でした。100周年というのもすごいですが、ご主人がお元気で、カツ丼が皿盛…

有り難い森田食堂@呉

松山観光港から高速ジェットで呉港へ。 創業109年、おそらく現存する日本最古の食堂かもしれない三代目の女将さんに…

ページ上部へ戻る