© コナモン資料室 All rights reserved.

2121/ チヌ

大阪湾のチヌで大きいのがあがりました。

といっても、福山の伊藤さんが仕留めた大物で、いつもは海に返すところ、私のわがままで漁師さんにウロコや内臓を処理してもらって、もってきてくれたのです。

この大きさなら、かかったときの感激は相当だったと思います。

100912_2207~01.jpg

昆布締めにしてお刺身に。

100912_2207~01.jpg

焼くと、皮がぶりぶりして、エネルギーの塊のような勢いです。

あと、粗煮き、潮汁、煮付け・・と一通り調理しても、まだ食べきれないほどのご馳走になりました。

100912_2207~01.jpg

関連記事

夏の麺益力、協会おすすめレシピサイト

  ■栄養バランスばっちり麺類で、麺益力あげあげ! 夏の麺益力、麺類編の日本コナモン協会監修メニューサイトが ヤマサ醤油「なるほ…

てんぷら近藤さんコナモンレッスン@ABCクッキングスタジオ

  l 近藤さんの春の天ぷら@ABCクッキング ABCクッキングスタジオの KONAMONマスター1dayレッスンで、 銀座…

70年続く甘党の世界

        中野鮮魚店のそばにある、喫茶とお食事のお店、千日さんがあります。 こちらも歴史…

さようなら中野鮮魚店

昨年おじゃました、町の天ぷら屋さんが3月に閉業されました。 寂しい限りです。食文化の保護はどこの町も喫緊の課題です。…

天ぷら、ぜんざい

  沖縄のぜんざいは、金時豆あんが主流、しかも氷がけがふつうで、本土で言う普通のぜんざいをだすお店は非常に少ない、…

ページ上部へ戻る