© コナモン資料室 All rights reserved.

2121/ チヌ

大阪湾のチヌで大きいのがあがりました。

といっても、福山の伊藤さんが仕留めた大物で、いつもは海に返すところ、私のわがままで漁師さんにウロコや内臓を処理してもらって、もってきてくれたのです。

この大きさなら、かかったときの感激は相当だったと思います。

100912_2207~01.jpg

昆布締めにしてお刺身に。

100912_2207~01.jpg

焼くと、皮がぶりぶりして、エネルギーの塊のような勢いです。

あと、粗煮き、潮汁、煮付け・・と一通り調理しても、まだ食べきれないほどのご馳走になりました。

100912_2207~01.jpg

関連記事

軍鶏尽くしと白湯自家製麺

てんぷら近藤さん監修商品発表

天ぷらの神様、銀座てんぷら近藤監修の商品がリリースされました。 バイオレットを半世紀以上、いまも現役で使い続けてくだ…

お茶の水大勝軒

大勝軒といえば、山岸さんのお姿が浮かぶ人も多いでしょう。 私も池袋のお店でご挨拶させてもらったことがつい最…

つけそば@中野大勝軒

長野の蕎麦屋がゆかりという、つけそば、つけ麺の大御所、大勝軒ブランド。 中野大勝軒は、その核となるお店です。 暖簾をくぐる…

八幡屋磯五郎九代目

当協会相談役の信州大学松島教授が取り組みをされている八幡屋礒五郎の9代目社長と、丸長のれん会でお目にかかりました。 ユ…

ページ上部へ戻る