© コナモン資料室 All rights reserved.

2121/ チヌ

大阪湾のチヌで大きいのがあがりました。

といっても、福山の伊藤さんが仕留めた大物で、いつもは海に返すところ、私のわがままで漁師さんにウロコや内臓を処理してもらって、もってきてくれたのです。

この大きさなら、かかったときの感激は相当だったと思います。

100912_2207~01.jpg

昆布締めにしてお刺身に。

100912_2207~01.jpg

焼くと、皮がぶりぶりして、エネルギーの塊のような勢いです。

あと、粗煮き、潮汁、煮付け・・と一通り調理しても、まだ食べきれないほどのご馳走になりました。

100912_2207~01.jpg

関連記事

真昆布だしうどん

門真からかぞえたら15年という、きぬ川さんのお仕事は、大阪だしうどんにとって、奇跡的なものだと痛感する、白昆布うどんとき…

とろろ昆布の刃@こんぶ土居

今回の再撮では、とろろ昆布の刃物をみせていただきました。 文化度の高い昆布のさまざまな加工、祖母が大好きだった「白とろ…

まめぶの家のご馳走

かっくいというキノコのお味噌汁や、お漬物もお菓子も猪も、ほぼ地元食材という豊かさに感謝です! #konamon #…

まめぶフェスタ2022@岩手県久慈市

食文化の無形民俗文化財登録をめざす久慈市山形町で、まめぶフェスタ開催。 オンリーワン…

8八種のまめぶの食べ比べ@山形町おらホール

  岩手県久慈市山形町の8種類のまめぶの試食会。 まめぶを継承する皆さんと貴重な交流をさせていただきま…

ページ上部へ戻る