© コナモン資料室 All rights reserved.

2121/ チヌ

大阪湾のチヌで大きいのがあがりました。

といっても、福山の伊藤さんが仕留めた大物で、いつもは海に返すところ、私のわがままで漁師さんにウロコや内臓を処理してもらって、もってきてくれたのです。

この大きさなら、かかったときの感激は相当だったと思います。

100912_2207~01.jpg

昆布締めにしてお刺身に。

100912_2207~01.jpg

焼くと、皮がぶりぶりして、エネルギーの塊のような勢いです。

あと、粗煮き、潮汁、煮付け・・と一通り調理しても、まだ食べきれないほどのご馳走になりました。

100912_2207~01.jpg

関連記事

親子コナモンアカデミー@わくわく探検隊

10年以上続く、わくわく探検隊のコナモンアカデミー。 今年は、広島のお好み焼に挑戦しました。 おうちでも作ってるというお母さんや、ぼく頑…

魚の棚の玉子焼

    魚の棚も明石焼きのお店が増えました。 道頓堀のたこ焼きが増えているのを似たような状況です。 昔は20個が一人前でしたが、…

新春ラーメンめぐり

麺益力アップを兼ねて、三くさん、丈六さん、ぶたのほしさん、西脇の内橋ラーメンさんにおじゃましました。       …

なるほど、冬の麺益力!

 体温と免疫力は大きな関係があり、登山でも体温保持が大きなテーマと言われるように、寒い季節は温かい栄養バランスのいい食事で、体調を整えたいも…

今年も、kitsune 食べた?の季節です!

2021年1月発刊「vesta」121号、世界のコンフォートフードの特集で、会長熊谷がきつねうどんについて寄稿させていただきました。  冒…

ページ上部へ戻る