© コナモン資料室 All rights reserved.

2122/ 讃岐の原種@よしや@釜たけ

釜たけうどんで開催される夢の1週間、udon fantasista 今日は香川宮武さんの正統派を受け継ぐと言われている完全手打ちのよしやさんです。

行列が苦手なので、明日出店の徳島名麺堂、ガンボさんの解説を聞きながら待ちます。

ガンボさんも愛用する日讃製粉の緑あひるはプリミティブな粉ということで、讃岐の原種、原形みたいな麺ができるそうです。

セルフでまず天ぷらをとり、ひやあつ、しょうゆ、ぶっかけをオーダー。 天ぷらは大原さん担当ですが、武ちゃんは皿洗い担当。

釜たけの非日常空間のセンターでよしや店主、山下さんが、ひたすら麺を熨しては切ります。

まるでスポットライトがあるかのようにな天才うどん職人の笑顔と、限りなく素直で飾らない、率直な麺に、思わず胸がこみあげるのでした。

讃岐うどんって、本当はこんなに優しい人なつっこい麺だったんですね!

100928_1238~02.jpg

ひやあつ。

100928_1238~02.jpg

限定ぶっかけ。

100928_1238~02.jpg

しょうゆ。冷にすればよかった・・

パプアさんが食べ損なった、うどん玉子コロッケは絶品でした。

100928_1238~02.jpg

100928_1238~02.jpg

関連記事

軍鶏尽くしと白湯自家製麺

てんぷら近藤さん監修商品発表

天ぷらの神様、銀座てんぷら近藤監修の商品がリリースされました。 バイオレットを半世紀以上、いまも現役で使い続けてくだ…

お茶の水大勝軒

大勝軒といえば、山岸さんのお姿が浮かぶ人も多いでしょう。 私も池袋のお店でご挨拶させてもらったことがつい最…

つけそば@中野大勝軒

長野の蕎麦屋がゆかりという、つけそば、つけ麺の大御所、大勝軒ブランド。 中野大勝軒は、その核となるお店です。 暖簾をくぐる…

八幡屋磯五郎九代目

当協会相談役の信州大学松島教授が取り組みをされている八幡屋礒五郎の9代目社長と、丸長のれん会でお目にかかりました。 ユ…

ページ上部へ戻る