© コナモン資料室 All rights reserved.

670/  感動のがんこラーメン十八代目


PAPUAさんからのご案内で、末成由美のオコタコRadioの収録のあと、がんこラーメンに走っていきました。スタジオから30歩くらいでいけちゃう近さなのです。

迎えてくださったのは、松由晃一郎さんと美しいお母様。なんば花月前のかなりベタなエリアですが、ここだけは松由ワールド。上品でしなやかで、落ち着くんですよ。

ラーメンは素人の私ですが、細麺の色と食感に鯛のお頭スープがたいへん合っています。第一印象は塩からく思うものの、食べていくうちにまろやかになっていくのはなんででしょう?

水菜、白菜、白ネギ、花かつお、大盤のやわらかチャーシュー、さいのめの甘辛チャーシュー&白ごま、彩り、食感、香り、味わい・・・見事なバランス感覚です。

うっかり主人公のラーメンの写真を忘れたのは、あら挽き豚ミンチの立派な水餃子や、シソとバターがきいてる極うまのご飯、刻んだフレッシュの青唐辛子も独特の辛味など、いちいち感激していたためです。

「鯛の酒蒸しが好きなんで、いい鯛と出会えて、このスープを作ることができました・・・」私も鯛は身よりおだしとして一目置いてるので、松由さんの気持ち、よくわかります。

これがそのだしがらです・・とお頭が出てきたので、こちらも平らげてしまいました。だしがらというのに、カスカスしてないのは、さすがいい鯛です。

一杯のラーメンのつもりでしたが、フルコースのように満足してお店をあとにしました。私にとって、浪速のほんまもんのラーメンの歴史に、素敵な仲間誕生です。十八代目の由来など、聞きたいことはまた次回に。松由さんの次の一手が楽しみです。

関連記事

20247/7

ピンチョスのヒルダ!

サンセバスティアンのピンチョスの代表格ヒルダ発祥のお店、Casa Valles さん。インディージャー、オリーブ、イワシのハーモニーは見た目…

20247/6

サンセバスティアンのバスチー

サンセバスティアンといえば、バスクチーズケーキ。ガトーバスクと一緒に買って、最近増えてるというバスクチーズケーキ専門店と食べ比べしました! …

20247/6

サンセバスティアンの哲学レストラン

知る人と知るサンセバスティアンの哲学レストラン、ムガリッツデビュー! 4時間の体験から、頭脳をフル回…

20247/6

バカラオフリット@ #SanSebastian

ピンチョスは、バカラオ(塩ダラフリット、タコのマリネ、ポテトサラダなど朝から盛りだくさん!  #バスク  #basque #ピンチョス #バ…

20247/4

フォカッチャ専門店@ダニエル  #SanSebastian

ダニエルの専門店でズッキーニのフォカッチャをいただきました。まだオープンして14ヶ月とベイビーなお店ですが、この盛り盛りで6€、リコッタチー…

ページ上部へ戻る