© コナモン資料室 All rights reserved.

889/  白熱の観光学シンポジウム


昨日、朝日新聞と大阪観光大学主催のシンポジウムがありました。観光学の専門家である石森秀三先生、観光大学学長の塩澤潔先生、中国人ジャーナリストの莫邦富(もう ばんふ)さん、あまから手帖の島田勤子さんとパネルディスカッションから加わりました。

「日頃の御活躍ぶりを御披露くださいまして、私はたいへん楽しく拝聴しました。シンポジウム全体の枠組みからすると、もしかして熊谷さんにとっては他流試合になるかもしれないと危惧しておりましたが、偉い先生の暴論に対して、熊谷さんがしっかり言い返す様をみて、内心快哉を叫んでおりました」と、メールをくださった方もいらしたほど、シンポジウムは妙に白熱したのです。

といいますのも、粉もんばっかり、大阪ばっかりでいうても、関西が一丸となって連携しないと前に進まないのではないか、天下の台所、食いだおれの町という歴史にしがみついていても、その痕跡がない現代に、魅力を伝えることはできない、機内食にもたこ焼きを出さないと・・など、指摘がでたからです。

莫さんは、時限爆弾をかかえてきました(笑)・・とおっしゃってましたが、それが私に向けられ、400人以上集まった会場からも拍手。一時はどう反論すべきか、悩みましたが、なんとか切り抜けたといいますか、私の意見にも拍手をいただき、えらい盛り上がりとなってしまいました。

これまでシンポジウムのパネラーとして何度も参加してますが、これほど会場とともにエキサイトしたことはありません。いろんな意味で莫さんからは、おもろい刺激をいただきました。懇親会では、二人でコンビを組めば・・・と。初対面のおっちゃんとここまで燃えたのは初めてです(笑)。

これがどんな新聞記事になるのか、とても楽しみですが、昔の私なら、反論できずに終わっていたやろな・・と思うと、ますます燃えなアカン、勉強せなアカン・・と。そのあと、別の会合でお好み焼き屋に行ったのです、さすがに疲れておとなしくしておりました、です。

関連記事

20246/20

ふわとろな重ね焼き@広島フワトロ

広島経済大学の細井教授とお好み焼めぐりです! 教授は鉄板会議の有識者メンバーで、お好み焼の経済学はじめ素晴らしい業…

20246/19

広島のふわふわ田中

広島の商工センター入口駅前にあるたこ焼き大八さんへ。本店は41年という老舗です。こちらのお店もアルパークの建物ができた時から…

20246/19

お好み焼提案会@ オタフクソース

オタフクソースのお好み焼き提案会@広島に出かけました。#やきそばの達人 #推し麺 キャンペーンも大きく紹介して頂き…

20246/17

たこ昌さん

たこ昌さんで、たこ焼きタイム! ねぎのせハーフに、ラムネが合います。安心の美味しさ、たこ焼らしいほっこりなひととき✨…

20246/15

紀州を味わう@和菜うどん快さん

和菜うどん快さんの取材後、お食事させていただきました。オーナー夫妻が日本料理専門なので、紀州の炙り刺しに始まり、たこ、締め鯖、明石玉子焼…

ページ上部へ戻る