© コナモン資料室 All rights reserved.

540/ SINGAPORE REPORT⑭客家麺とエビマヨガール 

Cimg7831 Cimg7832 Cimg7834 Cimg7833 客家(はっか)というと華僑のなかでも独特の移民集団のようで、唐の頃華北から、南へ移住した人たちの祖先のようですが、シンガポール首相のリー・クワンユ-、台湾の李登輝首相、本土の鄧小平、孫文など、いろんな人を輩出しています。

客家の食の特長はあっさりした塩味。鶏と干魚のだしでおでん風煮物のスープがつきます。ヨントンフーという絹ごしタイプの豆腐もおいしい。この店は、客家の末裔がこだわって展開する、チェーン店ですがなかなかよくできていて、セットで6ドルもしません。良心的です。

とくに感動したのは、麺。かんすいたっぷりの平打ちちぢれ麺が、自家製麺らしい風合いで、肉味噌みたいなトッピングとともにいい食感。ラクサ専門店が軒をつらねるストリートで、客家麺に出会えるとは・・・甘めですが、後口さわやかな客家のお茶も、ほっとさせてくれました。

店をでると、あのコンビ商材のたこ焼きもどき、エビマヨを買ってる女の子を発見。けっこうはまってるそうです。街も家並みも、食も人も、いろんな融合がそこかしこに見え隠れするこの国、私の第二のふるさとがまた増えそうですよ~

関連記事

知らなかったコナモンの世界@大阪府食文化セミナー

■知らなかった!大阪の粉もん文化@大阪府食文化セミナーご案内 会長熊谷と道頓堀今井社長によるコナモンセミナーが開催されます。 (申し込み…

小浜のおくどさん~熊川葛~長浜のっぺい

中東篤志さんの小浜のお店へ。久しぶりでしたが、さらにパわ^アップされてて、いい刺激になります。 焼サバそぼろぶっかけやトマトうどんのお出し…

創業明治30年の鰻@多治見

岐阜支部長のおひざもと、多治見へ。 炭焼き鰻の老舗におじゃましました。 四代目店主のこれからの展望をききながら、多…

明治18年、屋台発祥のてん茂さん

東京の天ぷら屋さんの奥深さの一つ、日本橋のてん茂さんへ。 四代目さんの折り目の正しさに背筋がのびます。柚子おろしがあう、才巻椎茸や、穴子、…

サンド、ドック、食パンブーム

フルーツサンドやホットドック、食パンブームはまだまだ終わりを知りませんね。 サンドイッチの広がり、進化をこれからも見つめていきたい…

ページ上部へ戻る