© コナモン資料室 All rights reserved.

429/ 東京の鯖寿司

東京の鯖寿司を初めて食べました。これはお知り合いの方の奥様御用達なんですが、京都の鯖寿司がお公家さん寄りならば、こちらは庶民を思って、江戸っ子が丹精こめてつくった感じで、とても好感がもてました。ファンになるのもうなずけます。

脂ののった鯖をけっして無駄にしない、脂をここまで残しながら、あっさりすっきりと仕上げてるとこに、江戸の気風を感じます。玉子焼きがどんと枕になってるのも、愛らしく、夕食前というのに一気に食べてしまいました。

それにしても鯖寿司のどこがコナモンやねん? とつっこまれそうですね。

鯖のにぎりは、神田の鶴八さんで何個もおかわりして、「姉さん食べすぎだよ」 と主人に笑われたことがあります。それくらい私は鯖が好きなので、コナモンではないのですが、お許しください。。。

関連記事

京都フレンチシノワの醍醐味

注目の京都フレンチ、モトイさんへ。大正期のお屋敷を改装した素敵な空間で、ヌーヴェルフレンチシノワ…

春巻定食

鉄板会議の懇親会の打ち合わせで、大阪の老舗中華、大成閣さんへ。丸かぶりを思わせるような大きな春巻き定食をいただきました。具材たっぷ…

島本ジビエ

ジビエの季節到来、で島本ジビエさんへ。猪の胃のサラダ、鹿肉の煮込み、アナグマと採れたてポルチーニのスープなど、自家製パンで最後ま…

土鍋とおだし、むかごの季節

先日の祇園佐々木さんの25周年パーティ、佐々木さんならではの趣向が最強でした。 むかご収穫ができ…

和歌山県古座川町の山と川の恵み

美しい和歌山県古座川町へおじゃましました! 鹿、猪、アナグマ、鮎、鰻、アマゴ、ズガニ、…

ページ上部へ戻る