© コナモン資料室 All rights reserved.

286/ 地ぱん


中日新聞社主催のシンポジウム、コナモントークバトルが愛知県立体育館でありました。

コーディネーターは中日新聞社の論説委員、飯尾歩さん、福島県にある銀嶺食品の地ぱん社長、大橋雄二さんと私がトークバトルをするという趣向です。

でも実際にはバトルというより、コナモンの素晴らしさを称えあい、お客さんもノリがよく、盛り上がりました。ウッスマン&コナモンも登場しましたが、次回はやなせたかしさんの新作、地パンマンも来てもらって、着ぐるみでも対決したものですね!

大橋さんの仕事については、またBookレビューの方でもご紹介する予定です。

関連記事

夏の麺益力、協会おすすめレシピサイト

  ■栄養バランスばっちり麺類で、麺益力あげあげ! 夏の麺益力、麺類編の日本コナモン協会監修メニューサイトが ヤマサ醤油「なるほ…

てんぷら近藤さんコナモンレッスン@ABCクッキングスタジオ

  l 近藤さんの春の天ぷら@ABCクッキング ABCクッキングスタジオの KONAMONマスター1dayレッスンで、 銀座…

70年続く甘党の世界

        中野鮮魚店のそばにある、喫茶とお食事のお店、千日さんがあります。 こちらも歴史…

さようなら中野鮮魚店

昨年おじゃました、町の天ぷら屋さんが3月に閉業されました。 寂しい限りです。食文化の保護はどこの町も喫緊の課題です。…

天ぷら、ぜんざい

  沖縄のぜんざいは、金時豆あんが主流、しかも氷がけがふつうで、本土で言う普通のぜんざいをだすお店は非常に少ない、…

ページ上部へ戻る