© コナモン資料室 All rights reserved.

286/ 地ぱん


中日新聞社主催のシンポジウム、コナモントークバトルが愛知県立体育館でありました。

コーディネーターは中日新聞社の論説委員、飯尾歩さん、福島県にある銀嶺食品の地ぱん社長、大橋雄二さんと私がトークバトルをするという趣向です。

でも実際にはバトルというより、コナモンの素晴らしさを称えあい、お客さんもノリがよく、盛り上がりました。ウッスマン&コナモンも登場しましたが、次回はやなせたかしさんの新作、地パンマンも来てもらって、着ぐるみでも対決したものですね!

大橋さんの仕事については、またBookレビューの方でもご紹介する予定です。

関連記事

もっちりワッフルとチーズケーキ@ドドド

米子の商店街にあった銀行をリノベーションしたカフェへ。 金庫がVIPルームというので見せてもらいましたが、文化財空…

蟹取県境港市の底力

水辺の最高のロケーションで、鮮度抜群の海の幸。このうえない幸せなエリア…

水木しげるロードのたこ焼

たこ八さんで修業されたかたに習ったというお店が、水木しげるロードにありました。 自家製のシソジュースと相性がばつぐん!…

地元スーパー@境港市

大山がみえるこのエリアは、島根県との県境でもあり、水揚げ日本一の海の幸のパラダイス。 スーパーでも…

鳥取県西部のラーメン

とっとりバーガーフェスタで毎年大山におじゃましていましたが、最近はご無沙汰してたので、久々の米子です。大山ふもと…

ページ上部へ戻る