© コナモン資料室 All rights reserved.

207/ 阿部商店の竹輪たち

日曜日出かけた鳴門で、最初にたずねたお店が、阿部商店でした。

ここでは毎日、鳴門うどんに欠かせない、竹輪が作られているのです。

前の海で取れた魚から骨をとって、すり身にし、ひとつひとつ丁寧に、竹の棒に手でガマの穂のように形作り、焼いていきます。ほかにも、天ぷら(丸天みたいなの)、ごぼ天、とりいれという、天ぷらと同じものを、揚げないで蒸したものなど、すべて手作業なんです。

何代目か、うっかり聞きそびれてしまいましたが、ご主人の阿部義徳さんは、鳴門蒲鉾組合会長さん。気合のこもった、楽しそうな人です。お母様もやさしくて、いくつでも食べていいよ・・とおっしゃってくださいます。

焼きたての竹輪は、くどくない塩味と甘味。たしかにいくつでも、いける~!。

買って帰った鳴門うどんに竹輪、それに鳴門のわかめも乗せてみました。現地では、あげとねぎ、玉子くらいが定番のようです。

関連記事

8月8日

8月8日、道頓堀たこ焼連合会の皆さんが、熱々焼いてお待ちしてます🐙🐙 #konamon #日本コナモン協会 #食文化  #shorts…

道頓堀やきそば10周年

道頓堀やきそば@柏タカシマヤ【昭和レトロde夏祭り】 大阪鉄板会議で開発され、10周年で60万食以上、極太麺に濃厚、道頓堀ソー…

十和田vs大阪@京都

侘家古暦堂の秋山料理長から、京大和さん跡地のパークハイアットでの案内を頂きました!タコスのパクチーマヨ、フカヒレ&…

境港白ネギレシピ

IMG_9534 鳥取県境港の伊達市長からプレゼント頂いた白ネギ5本で、白ネギの生地流し焼を作りました。ネギの甘みと旨味、ホ…

京橋・天満エリアのビーフンマップができました!

京橋・天満を中心に、ビーフン提供のお店マップができあがりました! 担々麺で有名な京橋ササラ、天満橋ササラ、中華そば丸京などを展開されてる新…

ページ上部へ戻る