© コナモン資料室 All rights reserved.

146/ 氷がけのくるみ餅

「お野菜の風俗」というテーマで、今年1年、18歳のときからお世話になってる現代風俗研究会の年報編集長を担当しているのですが、最後の例会が9月2日に予定されてまして、その打ち合わせがありました。

メインの講師は岸和田の農家、村田さん。父子二代、トマト作りの名人でもあり、常に新しい挑戦を続けている、大阪を代表する「農の匠」でもあります。

甘いもの好きな村田さんと、甘党の店にはいってたのんだのは、氷がけのくるみ餅。くるみあんは少なめでしたが、白玉は自分で作るよりおいしかったです。でも、堺のかん袋のくるみ餅に勝てるところは、なかかなないですよね。

泉州に何代も続く、農家の知恵と技。村田さんの奥様にも登場してもらって、農家でしか味わえない野菜の特別メニューを教えていただく予定です。楽しみ~

気になる方は、現代風俗研究会事務局まで。http://kobe.cool.ne.jp/genpoo/intro.shtml

関連記事

もっちりワッフルとチーズケーキ@ドドド

米子の商店街にあった銀行をリノベーションしたカフェへ。 金庫がVIPルームというので見せてもらいましたが、文化財空…

蟹取県境港市の底力

水辺の最高のロケーションで、鮮度抜群の海の幸。このうえない幸せなエリア…

水木しげるロードのたこ焼

たこ八さんで修業されたかたに習ったというお店が、水木しげるロードにありました。 自家製のシソジュースと相性がばつぐん!…

地元スーパー@境港市

大山がみえるこのエリアは、島根県との県境でもあり、水揚げ日本一の海の幸のパラダイス。 スーパーでも…

鳥取県西部のラーメン

とっとりバーガーフェスタで毎年大山におじゃましていましたが、最近はご無沙汰してたので、久々の米子です。大山ふもと…

ページ上部へ戻る