© コナモン資料室 All rights reserved.

107/京都自慢【LA JOLLA】のタコス


ケメコはうすから、歩いて30歩くらいのところにある、【LA JOLLA】。メキシコに程近い、カリフォルニアの地名だそうです。

アメリカのラ・ホラは、サーファーが集まる波の名所ということで、しかもこのあたりは、メヒコの影響もあって、タコス屋が軒を連ねているそうなんです。タコスとサーファーが、密接な関係だったとは、コナモンの奥の深さを思い知らされました。

そいうわけで、オーナーは、お気に入りのビーチの名前を屋号にしたようです。聞けば10年以上も、このスタイルというので、燈台元暮らし、くわばらくわばら。

京都のサーファー連のBOSS的存在の方がいらしてて、サーファーもほんまもんは、めっちゃ硬派であることが、判明しました。骨太なお人なんですよ。

十塚さんもサーフ歴、20年以上のベテラン。しかもタコスのベテランでもあるので、私にとっては、うまいタコス初体験のひとときとなりました。

とくに感動したのは、サルサ。主張しずぎないのに、味わいが豊かで辛さもバランスとれてて・・・野菜の切り方も、単に刻んでるのではないような・・・聞けば、ハラペーニョの酢漬けとか、乾燥のハバネロとか、素材にもこだわっているらしく、調理にもタコスとは思えないくらい、じっくり時間をかけていました。

photo 上段【LA JOLLA】のエントランス、京都サーファーの界の重鎮。指は「ハングルース」。スラングで「みんな友だち」という意。

右端は、メヒコのトルティーヤをのばす道具。これぞ、コナモンの運命の出会い。

下段 チキンタコをほおばる私と、チキンタコス。白とうもろこしのナチョもクセになりますよ~

 

 

 

関連記事

ふるふわ和水焼@べ〜子屋

  呉から広島、新玉名へ。日本人初のオリンピック出場のマラソン選手、金栗四三ゆかりの地にも、ユニークなお好み焼があるんですね! 前回は…

いが餅とアイスモナカ

呉エリアの昔ながらのお菓子「いが餅」に出会うことができました。大福に、栗のいがに見立てたカラフルな米粒がついています。郷土菓子が…

商店街スイーツ@呉

まさかこんなに愛らしく美味しいフライケーキとは思わず、2個しか買わなかったことを後悔しました。作り方教わってみたいものです。とってもレトロで…

洋食としてのカツ丼@いせ屋

「田舎洋食」に惹かれて入ったら、なんと呉の超名物店でした。100周年というのもすごいですが、ご主人がお元気で、カツ丼が皿盛…

有り難い森田食堂@呉

松山観光港から高速ジェットで呉港へ。 創業109年、おそらく現存する日本最古の食堂かもしれない三代目の女将さんに…

ページ上部へ戻る