© コナモン資料室 All rights reserved.

215/ ジョクジャカルタ王室のコナモン出店

NHK収録のあと、練馬のエン座さんにおじゃましたかったのですが、お昼過ぎまでの営業とのことで、ご主人と電話でお話して、夕方、東京駅で、インドネシアのロイヤルシルク財団の黒田正人さんとお目にかかりました。

このお話は数ヶ月前からいただいてたもので、インドネシア共和国、ジョクジャカルタ王室の第一王女のパンバイオン王女が、日本のたこ焼きをインドネシアでも紹介したいと、お店をだされるにあたって、日本コナモン協会に相談してこられた経緯があります。

黒田さんは、向こうでのPOPなどを見せてくださいました。なんと、コナモやウッスマンも、インドネシアの言葉で、登場しています。

コナモン協会、いよいよ海外進出? というほどたいそうな感じではなく、コナモンという言葉、向こうでも使ってもらいながら、たこ焼きが広がっていくのは、嬉しいことです。

インドネシアにも、コナモンがたくさんあるので、王女もいっしょにコナモン交流会もしていきたいと、盛り上がりました。黒田さんも、コナモンのような楽しいひとでしたよ。

関連記事

京都フレンチシノワの醍醐味

注目の京都フレンチ、モトイさんへ。大正期のお屋敷を改装した素敵な空間で、ヌーヴェルフレンチシノワ…

春巻定食

鉄板会議の懇親会の打ち合わせで、大阪の老舗中華、大成閣さんへ。丸かぶりを思わせるような大きな春巻き定食をいただきました。具材たっぷ…

島本ジビエ

ジビエの季節到来、で島本ジビエさんへ。猪の胃のサラダ、鹿肉の煮込み、アナグマと採れたてポルチーニのスープなど、自家製パンで最後ま…

土鍋とおだし、むかごの季節

先日の祇園佐々木さんの25周年パーティ、佐々木さんならではの趣向が最強でした。 むかご収穫ができ…

和歌山県古座川町の山と川の恵み

美しい和歌山県古座川町へおじゃましました! 鹿、猪、アナグマ、鮎、鰻、アマゴ、ズガニ、…

ページ上部へ戻る