© コナモン資料室 All rights reserved.

102/甚六の豚玉

甚六のお好み焼き甚六のお好み焼き
甚六のお好み焼き甚六のお好み焼き甚六のお好み焼き

以前から、行きたかったのに、定休日にあたってばかりで、ご縁がないのかしら・・・あきらめていた、甚六さんに、やっとおじゃますることができました。

ちょうどかぶりつきのカウンター席が4つ、あいていたので、ご縁はくる時まで、あせらないで待つことだと、不思議に納得していますと、おかみさんが、「ここを選ぶ人は通なのよ」とおっしゃるので、「通なんです」ともいえず、笑ってましたら、「たこ焼きの熊谷さんですね」と、バレてました。

事務局長も泣いて喜ぶ、昔ながらの大阪お好み焼きの王道スタイル。ひっくり返すまえに、玉子を溶いたのをかけて、こんなに黄色がきれいなお好み焼きもめずらしいです。キャベツの細かさ以上に、ご主人の手際のこまやかさに、見入ってしまいました。

厚みもしっかり、ふんわりサックリ、仕上げには、からしをぬって、ケチャップのせて、マヨネーズのあとに、ソースたっぷり、焼き海苔の細切りトッピング。

25年変わらぬ、甚六ワールドが繰り広げられます。焼きそばも、玉子で巻いてもらえるので、ちょっと得した気分。

ラブラブなご主人とおかみさん目当てに、また来ますね~

関連記事

ふるふわ和水焼@べ〜子屋

  呉から広島、新玉名へ。日本人初のオリンピック出場のマラソン選手、金栗四三ゆかりの地にも、ユニークなお好み焼があるんですね! 前回は…

いが餅とアイスモナカ

呉エリアの昔ながらのお菓子「いが餅」に出会うことができました。大福に、栗のいがに見立てたカラフルな米粒がついています。郷土菓子が…

商店街スイーツ@呉

まさかこんなに愛らしく美味しいフライケーキとは思わず、2個しか買わなかったことを後悔しました。作り方教わってみたいものです。とってもレトロで…

洋食としてのカツ丼@いせ屋

「田舎洋食」に惹かれて入ったら、なんと呉の超名物店でした。100周年というのもすごいですが、ご主人がお元気で、カツ丼が皿盛…

有り難い森田食堂@呉

松山観光港から高速ジェットで呉港へ。 創業109年、おそらく現存する日本最古の食堂かもしれない三代目の女将さんに…

ページ上部へ戻る