© コナモン資料室 All rights reserved.

水野さんによる、きしめん考察

■きしめん発祥説は間違いだらけ? 名古屋めしの歴史に大胆新説

歴史ライター水野誠志朗さんから、きしめんについての考察をご案内いただきました。
きしころがおいしくなる季節、必見です!!

きしめん発祥説は間違いだらけ?名古屋めしの歴史に大胆新説
https://news.yahoo.co.jp/byline/otaketoshiyuki/20220501-00291444?fbclid=IwAR3YAACgxc_r87x8Q2Jx5kw9_s5y1ZAOLp_G5NJ8rDeAzSzk9jHqMYm8X-c

きしめんの歴史・前編 信長の時代にきしめんが食べられていた!?
https://plus.chunichi.co.jp/blog/mizuno/article/233/10189/

きしめんの歴史・後編 江戸時代のうどん屋が「きしめん」という名称を再利用して名古屋名物にした!?
https://plus.chunichi.co.jp/blog/mizuno/article/233/10231/

関連記事

名店の大阪おじやうどん@マツバヤ

   大阪だしうどん、象徴的なきつねを産んだマツバヤさん。いまや世界も見つめる至福の原点の一杯。開店と同時にお…

つきぢ田村三代目のお別れ会

築地たむら3代目、田村隆さんのお別れ会が、親友脇屋シェフのお店で行われました。演出に徹底的にこだわるタレント田村さんのエ…

地域の食資源としてのコナモンの魅力

追手門学院大学で、フードツーリズム学会主催の講演会にお招きいただきました。鉄板会議のお話や地域の食資源としてのコナモンの魅力…

中華の楽しみ@筑紫楼

お気に入りの中華で北京ダックやフカヒレを頂きました。ナイフとフォークの海老マヨもお初です。お味と居心地の良さを兼ね…

鶏そば@円山町

丸山町のオイスターバーの隣、tonari さんへ。鶏チャーシューの火入れ、麺とスープのからみ具合い、接客、メニュー展開も含め、非常にバラ…

ページ上部へ戻る