© コナモン資料室 All rights reserved.

100年前の洋食焼@NHK

祝 100年フード認定! 100年前の洋食を再現しまっせ@NHK「ほっと関西」

文化庁100年フード認定を受けて、
鉄板会議大阪エリア会議では、100年前の洋食焼再現を試みました。

20回目のコナモン の日を迎えるにあたり
その様子を 4/27 NHK「ほっと関西」【ええやんこの味】コーナーで
NHKに特集して頂きました。

ぜひ、見逃し配信(期間限定)でチェックしてください。
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20220427/2000060640.html?s=09

【100年前の洋食焼レシピ】生地:中力粉 60g  水200g

具材(いずれも適量で):けずり粉、天かす(天ぷらの天かす)、青ねぎ(きざみ)、キャベツ(千切り)、紅ショウガ(みじん切り)、青のり、白絞油

①粉を水で溶いて生地をつくり、30分ほどねかす

②熱した鉄板に、しらしめ油をひき、①をお玉で生地を丸くのばす(直径12~13㎝)

③けずり粉を散らし、ねぎ、キャベツ、天かす、紅しょうがをちらして、生地を少し垂らして、返す

④しばらく焼いたら、もう一度返して、ソースをぬって、二つ折りにし、新聞紙ではさむ

 

 

#オタフクソース #konamon #日本コナモン協会 #食文化 #グルメ #vlog #shorts #麺益力 #洋食 #西洋料理

 

関連記事

島本ジビエ

ジビエの季節到来、で島本ジビエさんへ。猪の胃のサラダ、鹿肉の煮込み、アナグマと採れたてポルチーニのスープなど、自家製パンで最後ま…

土鍋とおだし、むかごの季節

先日の祇園佐々木さんの25周年パーティ、佐々木さんならではの趣向が最強でした。 むかご収穫ができ…

和歌山県古座川町の山と川の恵み

美しい和歌山県古座川町へおじゃましました! 鹿、猪、アナグマ、鮎、鰻、アマゴ、ズガニ、…

大阪の人気お好み焼店

ハリラ、バグジール@マラケシュ

モロッコ料理専門店マラケシュさん。マラケシュといえば、ヒッチコックだったか、映画のオープニングで見たことがあ…

ページ上部へ戻る