© コナモン資料室 All rights reserved.

100年前の洋食焼@NHK

祝 100年フード認定! 100年前の洋食を再現しまっせ@NHK「ほっと関西」

文化庁100年フード認定を受けて、
鉄板会議大阪エリア会議では、100年前の洋食焼再現を試みました。

20回目のコナモン の日を迎えるにあたり
その様子を 4/27 NHK「ほっと関西」【ええやんこの味】コーナーで
NHKに特集して頂きました。

ぜひ、見逃し配信(期間限定)でチェックしてください。
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20220427/2000060640.html?s=09

【100年前の洋食焼レシピ】生地:中力粉 60g  水200g

具材(いずれも適量で):けずり粉、天かす(天ぷらの天かす)、青ねぎ(きざみ)、キャベツ(千切り)、紅ショウガ(みじん切り)、青のり、白絞油

①粉を水で溶いて生地をつくり、30分ほどねかす

②熱した鉄板に、しらしめ油をひき、①をお玉で生地を丸くのばす(直径12~13㎝)

③けずり粉を散らし、ねぎ、キャベツ、天かす、紅しょうがをちらして、生地を少し垂らして、返す

④しばらく焼いたら、もう一度返して、ソースをぬって、二つ折りにし、新聞紙ではさむ

 

 

#オタフクソース #konamon #日本コナモン協会 #食文化 #グルメ #vlog #shorts #麺益力 #洋食 #西洋料理

 

関連記事

ふるふわ和水焼@べ〜子屋

  呉から広島、新玉名へ。日本人初のオリンピック出場のマラソン選手、金栗四三ゆかりの地にも、ユニークなお好み焼があるんですね! 前回は…

いが餅とアイスモナカ

呉エリアの昔ながらのお菓子「いが餅」に出会うことができました。大福に、栗のいがに見立てたカラフルな米粒がついています。郷土菓子が…

商店街スイーツ@呉

まさかこんなに愛らしく美味しいフライケーキとは思わず、2個しか買わなかったことを後悔しました。作り方教わってみたいものです。とってもレトロで…

洋食としてのカツ丼@いせ屋

「田舎洋食」に惹かれて入ったら、なんと呉の超名物店でした。100周年というのもすごいですが、ご主人がお元気で、カツ丼が皿盛…

有り難い森田食堂@呉

松山観光港から高速ジェットで呉港へ。 創業109年、おそらく現存する日本最古の食堂かもしれない三代目の女将さんに…

ページ上部へ戻る