© コナモン資料室 All rights reserved.

阿闍梨餅

今や、八つ橋に続く京都銘菓となった阿闍梨餅。

35年前京大そばの百万遍の小さな店先で買っていたのを思い出します。

大正11年2代目当主の考案ということですから、京都もんにしては浅い歴史ですが、餅粉を使った、ウンニャリとした独特の食感は今でもオンリーワンかもしれません。

今日は仕事始めで、新幹線に乗る前に購入できましたが、いっつも売り切れで、久しぶりにいただきます。

関連記事

ミクスチュアな沖縄の食文化

今回は沖縄在住、同級生のムロ先生の案内で、ディープな沖縄本島の日常フードをリサーチすることができました。 歴…

むーちー、菓子、ブレッド類

揚げ、蒸し、ゆで・・小麦粉、米粉、芋粉、片栗粉、コーン…

日常のてんぷら

てんぷら王国、沖縄、アゲモン大好きな皆さんなので、菓子類、パンも、か…

沖縄そば

今回は、さまざまな沖縄そばを体感できました。 本当に深い!それにおいしい!…

高田勝さんと今帰仁アグー

    今帰仁アグーを支える高田勝さんの農場では、琉球古地鶏や口之島牛など、在来の家畜たちがマングースやハブのリスクとも…

ページ上部へ戻る