© コナモン資料室 All rights reserved.

更科堀井の冷じゅんさい蕎麦

寛政元年創業、232年の歴史を誇る麻布十番の名店、更科堀井さんへ。
この時期ならではの、じゅんさい蕎麦は、とろろ、山葵、オクラ、海苔がからんで涼の極み也。
じゅんさいのぷるぷると新芽の食感が暑さを鎮めてくれます。
食学会の生産者入賞の泉州射手矢農園玉ネギのさつま揚げ、そば稲荷、〆のそばプリンまで、堀井社長のお茶目な現代メニューも嬉しいですね!

 

関連記事

出発前のお好み焼@千代

l 最強寒波に備え、大阪に前泊します。腹ごしらえも大事なので、閉店前の千代さんにギリギリセーフで入店しました。豚玉、そばロール、洋食焼を…

20231/24

すなば珈琲@鳥取

スタバはないが、日本一のスナバはある! 平井知事の名言から2014年にオープンしたすなば珈琲」。1年後、スタバが来た時は「大ピン…

始まりは、たこ焼き@日経

●1/23(月)から27日(金)まで 日経新聞(夕刊)の「人間発見」にて、61年のコナモン人生「始まりはたこ焼き」が、5日連続の…

おこバーグ@鳥取

2006年からというお好み焼店で、大根サラダ、おこバーグ、イカのカレー焼うどん、話題のホルそばを頂きました。2…

大阪の煎餅文化@播彦さん

煎餅組合さんの新年会でお話させて頂き、お土産に播彦さんのお煎餅をもらいました。関西でお煎餅というと小麦粉系で、米系のお煎餅はおかき。でも「あ…

ページ上部へ戻る