© コナモン資料室 All rights reserved.

更科堀井の冷じゅんさい蕎麦

寛政元年創業、232年の歴史を誇る麻布十番の名店、更科堀井さんへ。
この時期ならではの、じゅんさい蕎麦は、とろろ、山葵、オクラ、海苔がからんで涼の極み也。
じゅんさいのぷるぷると新芽の食感が暑さを鎮めてくれます。
食学会の生産者入賞の泉州射手矢農園玉ネギのさつま揚げ、そば稲荷、〆のそばプリンまで、堀井社長のお茶目な現代メニューも嬉しいですね!

 

関連記事

真昆布だしうどん

門真からかぞえたら15年という、きぬ川さんのお仕事は、大阪だしうどんにとって、奇跡的なものだと痛感する、白昆布うどんとき…

とろろ昆布の刃@こんぶ土居

今回の再撮では、とろろ昆布の刃物をみせていただきました。 文化度の高い昆布のさまざまな加工、祖母が大好きだった「白とろ…

まめぶの家のご馳走

かっくいというキノコのお味噌汁や、お漬物もお菓子も猪も、ほぼ地元食材という豊かさに感謝です! #konamon #…

まめぶフェスタ2022@岩手県久慈市

食文化の無形民俗文化財登録をめざす久慈市山形町で、まめぶフェスタ開催。 オンリーワン…

8八種のまめぶの食べ比べ@山形町おらホール

  岩手県久慈市山形町の8種類のまめぶの試食会。 まめぶを継承する皆さんと貴重な交流をさせていただきま…

ページ上部へ戻る