© コナモン資料室 All rights reserved.

2052/ 駄菓子屋もんじゃの名店@足立区

足立区、荒川区、台東区あたりは、昔ながらのもんじゃが健在です。

以前、町屋の駅前でもすてきなもんじゃ屋さんがありましたが、どんどん減っているので寂しい限り。

でもこちら、「さくらい」さんは、昭和45年から40年も続いている名店で、店主のミツエさんもお元気、120歳まではがんばるとおっしゃってます。

100829_1522~02.jpg

キャベツ、切りいか、天かす、青のり・・シンプルですが、表情のあるもんじゃ。

切りいかは細かくされてて、天かすは近所の手作りのもの。ソースはもともとアズマソースでしたが、会社がなくなりユニオンに変わったそうです。

100829_1522~02.jpg

常連の子供たちが書いた張り紙もかわいらしい!

100829_1522~02.jpg

たまご40円、ドリンク20円。

私は全部、注文させてもらいました。

100829_1522~02.jpg

ほら、かわいいミツエさん。こんなチャーミングな歳のとりかたしたいですよね。

100829_1522~02.jpg

トッピングのラーメンもいろいろありますが、ベビーラーメンといって、

桐生でしかつくってない味付けなしのがおすすめだそうです。

夏はお休み・・というお店をわざわざあけてもらって、感動の出会いとなりました。

次回はいつ、とはいいませんが、必ずおじゃまさせてくださいね。

 

関連記事

たこ焼酒場 しん家(涙の道頓堀焼きそば)

【2020年3月26日再訪】 ■涙の道頓堀焼きそば:950円 完成時にスタッフが、嬉し泣きをしたのが由来という「涙の道頓堀焼きそば」はイ…

粉もん@料理通信

  粉物特集です。世界のコナモンレシピが紹介されて充実の一冊!…

ケール尽くし

      トキタ種苗の皆さんと、大宮のイタリアンにおじゃましました。 ケールのチップス、ケールパウダーをつかった3種のフ…

ケールの洋食焼@千陽

  2019年からスタートしてもらった、ケールの洋食焼。 千陽さんの定番になりつつあります。 鮮やかな緑は、ケールなら…

コナコナ祭2020

    コロナの影響も考慮しながら、今年も コナコナ祭2020の準備をすすめています。 みなさま、よろしくお願いいたします。 &nb…

ページ上部へ戻る