© コナモン資料室 All rights reserved.

2025/ 初めてのフランスパン作り@TONTONREMY

日本コナモン協会パン部長、高橋佳恵さんのおさそいで、八尾のトントンレミーでパンを習いました。

「レミーおじさん」という屋号のとおり、フランス生まれのレミーさんは、14歳からパン修業にはいり、

43年というパン歴。フランス各地のお店で勉強し、日本に来て10年余り、こちらには5年前オープンで、

まさにホンマモンのパン職人、パンを焼くために生まれたような先生なのです。

100816_1322~01.jpg 

これはレミーさんのバゲット。見るからにうまそうでしょ。

100816_1322~01.jpg 

驚くことに3次発酵までするレミーさんのパン。

小麦粉ベースに、ライ麦と、昔の生地と、塩、モルトなどを入れてよく練り上げて、

33℃で35分を3回。

待ち時間は、ラスクにバターをぬります。

100816_1322~01.jpg 

これは、バゲットに切り目をいれるカミソリ。

道具も何もかも、ほんとにステキです。

100816_1322~01.jpg 

70gの生地に、チーズを入れてまるめたら、こんなにまんまる!

エッヘン、これ私作ですから。

Moncieur Remy merci beaucoup!

次回はクロワッサン、マドモワゼル?熊谷は、幸せ全開です。

100816_1322~01.jpg

関連記事

軍鶏尽くしと白湯自家製麺

てんぷら近藤さん監修商品発表

天ぷらの神様、銀座てんぷら近藤監修の商品がリリースされました。 バイオレットを半世紀以上、いまも現役で使い続けてくだ…

お茶の水大勝軒

大勝軒といえば、山岸さんのお姿が浮かぶ人も多いでしょう。 私も池袋のお店でご挨拶させてもらったことがつい最…

つけそば@中野大勝軒

長野の蕎麦屋がゆかりという、つけそば、つけ麺の大御所、大勝軒ブランド。 中野大勝軒は、その核となるお店です。 暖簾をくぐる…

八幡屋磯五郎九代目

当協会相談役の信州大学松島教授が取り組みをされている八幡屋礒五郎の9代目社長と、丸長のれん会でお目にかかりました。 ユ…

ページ上部へ戻る