© コナモン資料室 All rights reserved.

2025/ 初めてのフランスパン作り@TONTONREMY

日本コナモン協会パン部長、高橋佳恵さんのおさそいで、八尾のトントンレミーでパンを習いました。

「レミーおじさん」という屋号のとおり、フランス生まれのレミーさんは、14歳からパン修業にはいり、

43年というパン歴。フランス各地のお店で勉強し、日本に来て10年余り、こちらには5年前オープンで、

まさにホンマモンのパン職人、パンを焼くために生まれたような先生なのです。

100816_1322~01.jpg 

これはレミーさんのバゲット。見るからにうまそうでしょ。

100816_1322~01.jpg 

驚くことに3次発酵までするレミーさんのパン。

小麦粉ベースに、ライ麦と、昔の生地と、塩、モルトなどを入れてよく練り上げて、

33℃で35分を3回。

待ち時間は、ラスクにバターをぬります。

100816_1322~01.jpg 

これは、バゲットに切り目をいれるカミソリ。

道具も何もかも、ほんとにステキです。

100816_1322~01.jpg 

70gの生地に、チーズを入れてまるめたら、こんなにまんまる!

エッヘン、これ私作ですから。

Moncieur Remy merci beaucoup!

次回はクロワッサン、マドモワゼル?熊谷は、幸せ全開です。

100816_1322~01.jpg

関連記事

おかん@ロンドン

12年前に訪ねたロンドン、ブリクストンのおかんさん。昨年からこの状況のなか、女将の奮闘についてさまざまなメディアが紹介してきました。先日も…

岡山〜倉敷

IMG_2244 久々の岡山探訪、暑かったですが楽しむことができました。 …

20217/26

SNS活用セミナー

パンくんさんのSNS活用術など、勉強になりました!…

焼き技30年の安定感@きじ

三代目の安定の焼き技を見に行って、1時間ぐらい話し込んでしまいます!…

そうめんブーム

  東京のそうめん工場の様子が紹介されていました。 恵比寿のそそそさんも楽しいお店ですが、そうめんや乾麺もミニ…

ページ上部へ戻る