© コナモン資料室 All rights reserved.

746/ ラーメン二郎 無事デビュー!



昼前から、すでにいろいろ食べてますが、目黒の一番の目的は、ラーメン二郎だったのです。二郎というのはラーメン界では、常識以前のお店・・・くらい有名で、三田の本店はじめ、あちこちにお弟子さんらがお店を構え、どこも大行列なのです。

きょうは、ラーメンデータバンクの嶋崎さんが、不慣れな私の二郎デビューのために、わざわざお昼をずらして、ご一緒してくださいました。感謝!!

二郎には、いろんな掟があるので、嶋崎さんのフォローがどんなに心強いことか・・・

食券は小ラーメンを買い、にぎりしめて待ちます。麺をゆでる関係で、5人、5人のローテーションとなるので、そのリズムをくずしてはなりません。

いよいよカウンターにつきます。体育会系の骨太なご主人の真剣勝負、背筋が伸びます。

そして心地よい緊迫感のもと、食券をわたすときがきました。ここでニンニクや味つけやオプションのオーダーを付け加えるのです。嶋崎さんの教えのとおり、野菜だけ大盛りでお願いしました。

するとこれです。これでたったの500円。どるちゃんに写真をみせてもらってはいましたが、現物を前にして、カレーなんばんとみたらし1本を食べてしまったことを後悔しました。小食の私が、果たして麺まで、たどりつけるのでしょうか??

もちろん自信はあったのですが・・・二郎の麺には驚愕しました。かつてラーメン不毛の地であった関西育ちの私にとって、二郎ラーメンの麺は、まさにカルチャーショック。

なんといいましょうか。素麺しか食べたことのない平安人が、讃岐うどんに出会ったような、というか、ラーメンの麺って、こんなんもあったんか、と急ぎ食べをしながらも、感動で胸がいっぱいになりました。

太くて平べったくて、ちぢれてて、まるで家で打ったような素朴な麺。キラキラ濃い目のスープが武骨な麺にからんで、もっちりといくらでも食べたい麺なのです。でも完食できなかった私は、嶋崎さんに援護してもらい、なんとか二郎デビューを果たしたのです。

言い訳ではありませんが、ラーメンってすごい、やっぱり粉もんの王者や・・・と胸が熱くなりました。嶋崎さん、次の洗礼にもどうか立ち合ってくださいね~!

関連記事

20245/25

銀座バードランドのバゲット

バードランドで、肝、ハツ、皮、つくね、手羽先を食べてると、途中で和田さんが来られておしゃべりに夢中になり、米粉…

20245/25

ほっこりできる原宿の町中華、胡弓さん

原宿のど真ん中にある町中華胡弓さん。25年ぐらい営業されてるそうで、出前も人気。居心地の良い空間で、お野菜のバランスが良い棒棒鶏サラダ、餃子…

20245/24

鉄板会議2024 福岡エリア会議

鉄板会議の福岡エリア会議がオタフクソース九州支店で開催されました。薬院のソルタコさん、城南区のたこやき翔(かける)さん、天神のnancle(…

20245/24

月島のもんじゃ@おしお和店

創業35年、月島のおしお和店でもんじゃランチです。悪がきサラダ、定番のもち明太チーズ、黒カレーベビ…

20245/22

テコ1グランプリ審査ファイナル@ゆかり本店

ゆかりさんのテコ1グランプリ、ファイナルの審査、発表の日。特別審査員はあの南野陽子さん。とってもチャーミングな方で、お好み焼談義もさせて頂き…

ページ上部へ戻る