© コナモン資料室 All rights reserved.

カテゴリー:点心 dim sum

飲茶タイム@中華街

飲茶は食べ放題、というのが日本では定着しつつあるようです。 どれも食感よく、ついついたくさん食べてしまいました。 花巻がおいしいのは、嬉…

中華街の茶藝館

台湾の茶藝館にはまった時期がありましたが、中華街にもあるんですね。 豚まんは、金華ハム入りでした。 …

餃子のまち、堺??!

餃子の世界も、群雄割拠。 堺は世界遺産にもなりましたので、今後の展開がますます楽しみです。…

九州のおみやげ

昔からの定番、長崎と福岡のおみやげの代表格! トンポーロ―の角がこんなにきちっとしてるなんて、びっくりです。 ご飯にもお酒にもあいますね…

東坡肉にそっくり、車麩!

奈良、薬師寺そばのマクロビのお店に連れてってもらいました。 車麩の煮物が、東坡肉にそっくり。 おそらく豚バ…

豚まん@駒川商店街

副会長おすすめの、駒川商店街の豚まん屋さん。 かなり大きめですが、皮の風合い、なかのあんもバランスよく、お値段もお安くてびっくり。 箱が…

小さな焼餃子

久留米の娘娘さんの水餃子を焼いてみたら、これまたおいしく、 中目黒の古道具屋さんで見つけた器が、娘娘のタレ入れにぴったりで、 何だか嬉し…

恵比寿で小籠包ナイト

台北にある本店は、何度も出かけているので、恵比寿で楽しめるとは助かります。 ふかひれ、三色、海老餃、春巻・・おなかもすいていたので一気食べ…

焼と水 自家製皮の妙味

京都一条通の中華屋さんでは、麺も餃子の皮もすべて自家製。 しかも、皮は焼餃子と水餃子、厚みものばす方向も変えているので、手でもっただけで、…

やっぱり飲茶

点心好きで、アジア各地の飲茶スタイルが大好きな話をしていた翌日、 飲茶ブームがきてるとテレビで流れていました。 山ちゃんが「やむちゃん」…

ウラナンバ中華

小籠包と水餃子、いいお店ですね。 …

元祖 本とん平焼き

60年前、ロシアの抑留からもどったお父さんが考案し、味付けはお母さんが考えたと語る2代目女将の焼く、元祖とん平焼き。 生地の使い方が最高で…

神戸で、餃子ナイト

6㎝皮で、餃子の餡もいろいろ。 ひき肉の挽き方まで変えてるそうです。 の…

餃子の消費量とトレンド

個数と金額で、ランキングは変わります・・ …

久留、餃子通りの最小餃子

久留米に下りると、また虹がかかっていました。 六ツ門のおなじみのお店に立ち寄ったあと、餃子巡りです。 娘娘さんに久しぶりにおじゃまできま…

焼きも水も油淋鶏も

東中野は住宅地も多いので、普段使いできるいいお店が並んでいます。 こちらは、おそらく中国の方がされてる中華屋さん。 ちょっとしたスパイス…

歴史的なコナモンスイーツ、長命寺の桜もち

桜もちの由来は、当店の創業者山本新六が享保二年(一七一七年、大岡越前守忠相が町奉行になった年)に土手の桜の葉を樽の中に塩漬けにして試みに桜も…

84歳現役店主のワンタン

向島5丁目界隈を歩いていると、入りたいお店がいっぱいで困ります。 たまたまのぞいたこちらは、84歳のご主人が17歳から入って、変わらず味で…

餃子の戦国時代?!

宇都宮、浜松の餃子対決に、消費量で堺も参戦、ということなんです。 八幡、博多、久留米、浜松、福島、宇都宮・・・ご当地餃子はまだまだありそう…

揚げまんじゅうと粟ぜんざい

30年以上前におじゃましたとき、氷しるこに感激して以来の訪問です。 写真がNGだったので、画像はおみやげの揚げまんじゅうだけですが、 粟…

ページ上部へ戻る